ルート治療

こりの図

 

筋肉のコリというものは、人間の体の免疫細胞に治してもらえずに放置されてしまうという特徴があります。
例えば、擦り傷や打ち身等は時間の経過とともに治癒していきますが、コリだけは数年から数十年ずっとその場所に居座り続け、お仕事なので負担をかけ続けるとどんどん大きく硬くなって行きます。

こりは、陸続きになったり、固まりになったりしながら、独特な経路(ルート)のような形状を形成します。

ルート治療は、陸続きや塊となったこりのルート(経路)を的確にとらえてそこに多本数の鍼を打つ、もしくは集中的に指圧を行う治療法です。

こりを重点的に刺激することで、免疫を活性化してこりを緩めて血行促進していきます。

そうすることで、長年取り切れなかったこりから解放されることになります。

こりによって起こっている体のありとあらゆる不調が楽になっていきます。

ルート鍼とは

ルート鍼はとてもシンプルでありながらも、効果的な施術法です。

鍼を打つことで筋肉の深部までこりを刺激することができます。こりに刺さる鍼

ルート鍼は筋肉の深部まで刺激することができる鍼を多く使い、一気にこりを刺激します。

通常の鍼の打ち方が

だとすると・・・

ルート治療だと、このような感じです。

ルート鍼

鍼施術2

 

こりに集中して鍼を打つことで、免疫の活性化、血行促進作用、こりが緩む作用が期待できます。

通常の鍼の場合よりも、かなり多くの鍼を使い、こりを刺激することに特化した施術になります。

ルート整体の場合は、鍼の代わりに指を使い、こりを集中的に指圧していきます。

私が、このルート治療に出合ったのは3年ほど前ですが、当時は衝撃でした。

まず、鍼灸の学校ではこのような鍼の打ち方は習わないし、刺激量を少なく、優しい手技がもてはやされる昨今の治療業界で、これほどまでに鍼を体に打つというのが想像を絶することだったのです。

しかも、こんなに鍼を打って大丈夫なのか?

といろいろな思いが駆け巡りましたが、実際は大丈夫ですし、むしろ今まで私が行っていた鍼よりも効き目が圧倒的なのでした。

痛いのか?

これほど鍼を打つと痛みが気になる方がいらっしゃるかもしれません。

鍼の痛みについては、個人によって感じ方が大きく異なります。

そこで、当院独自でこの治療法に対するアンケート調査を実施しました。

アンケート2

アンケート調査

結果は、50件の回答中で86%の方が痛くないもしくは、少し痛みがある程度とお答えになりました。

 

痛みが少ない理由

ルート治療は、体への刺激がある程度あります。

しかし、痛みの感受性は非常に個人差が大きいため、個別に合わせた対応を行うことで施術の痛みを和らげることができます。

1.鍼の得気は、刺激が独特

鍼の痛みの中心になるのは、得気というものになります。

ずーんと重くなるようなどくとくな感覚です。

この感覚は、指圧のつぼに入った感じがさらに集約された感じに近いかもしれません。

この感覚については、痛みよりもむしろ気持ちが良いと感じる方もいらっしゃいます。

そのような方は、鍼の刺激を痛みとはとらえないかもしれません。

 

2.施術を強制しない

施術を強制いたしません。

ルート鍼も受けてみて、辛いなと思った場合は、すぐにお伝えいただくとルート整体(指圧)に切り替えるなどしております。

また、施術者側でもこまめに刺激の加減を訪ねながら施術しています。

 

3.固い場合は事前に指圧やストレッチ、リラックスのための鍼をする

筋肉が固い状態で鍼を打つと痛みを感じやすいです。そこで、もし筋肉がかなり固い場合は事前に指圧、ストレッチを行い少し筋肉を緩めます。

特に鍼が初めての方などで、緊張している場合はリラックスのためのごくごく浅刺しの弱刺激鍼で体を慣らすなども行いリラックスしていただいています。

 

4.鍼の太さは、いろいろある

鍼の太さはさまざまで、細いものだと髪の毛の太さぐらいです。

太さを自由に変えられるので、刺激の調整も可能です。

 

5.管鍼法で施術

鍼施術の際は、管鍼法という方法で行います。

管の中に鍼を入れてそこから鍼を打ちます。日本式の伝統的に鍼の打ち方で痛みの刺激を大幅に和らげることが可能です。

 

効果のほどは?

効果についても、調査を行いました。

かなり効果あった26%、効果があったが50%でした。

少し効果があったという方まで含めると、実に96%の方が効果を実感されました。

1度の施術でも、特に効果を実感していただける場合は、筋肉のこりや痛みの症状です。

対して、神経痛、自律神経の乱れは施術のたびに少しずつ楽になっていきますので、ルート鍼と家でも一度の施術で完全に治してしまうのは難しいです。

しかし、強力な血行促進作用により、他の施術に比べて比較的に短期間で施術が済むと考えられます。

筋肉のこりはやがて、神経痛や自律神経の乱れに発展しますので、筋肉のこりや痛みの内の施術を受けられた方が治療も早く終わります。

神経痛や自律神経の乱れを抱えている方も、できる限り早めに治療を受けていただける方が比較的に少ない通院で症状が軽くなります。

ルート治療の施術の様子と説明(動画)

可能性が広がるルート治療

福岡の鍼処SHIRAKAWAの白川勇作先生が考えたルート治療は最近できた新しい治療法です。

その効果の高さから実践する鍼灸治療院が急激に増えています。

詳しくはこちら>>

 

ルート治療がこれからも、広まることでこりの症状でおこる体の不調で悩む方が少しでも減ることが期待されます。

 

熊本でルート鍼治療を行っているのは熊本では、ひがし鍼灸整骨院のみです。

体のこりや緊張による不眠、めまい、動悸などの自律神経の乱れ、痛み、しびれなどでお悩みの方はどうぞ、ご相談ください!

 

ご予約はこちら>>

ひがし鍼灸整骨院についてさらにくわしくはこちら>>

 

鍼施術2
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。