慢性腰痛への施術

この記事では慢性腰痛に対する施術方法についてお伝えします。

  • デスクワーク中にだんだん腰が痛くなってくる
  • 慢性的に腰が痛くて悩んでいる
  • デスクワークや車の運転後に立ち上がろうとすると腰が痛い
  • 毎朝、起きるときに腰が痛い
  • 腰を動かすと痛い
  • 走ったり、歩いたりするときに腰が痛い

 

 

お仕事の同一姿勢(デスクワークや立ち仕事)、同じ作業による繰り返し動作などによって腰に負担がかかって慢性的に腰に痛みがでます。

進行すると、足のしびれやお尻の痛みにつながる場合があります。

当院で慢性腰痛を施術する場合は、以下のような点を診て施術方法を決めています。

腰痛の主な5つのタイプ

当院では、腰痛を大きく5つのタイプに分けて、あなたに合う施術をご提案します。

1.骨盤の動き悪いことで腰が痛くなっている場合

股関節の筋肉が固いことで骨盤の動きが悪くなり、腰に痛みが出ているパターンです。この場合は、まずは骨盤の動きを良くするような整体を優先して施術を行います。触診で腰の筋肉に固い箇所があれば、整体後に少しだけ鍼もしくは指圧(鍼が苦手場合)をします。

ご自宅で行っていただけるようなストレッチのアドバイスもしています。

 

2.腰痛が骨盤の動きとはあまり関係なさそうな場合

股関節に柔軟性があるにも関わらず腰が痛い場合です。この場合は、腰の施術や背中に鍼もしくは指圧(鍼が苦手な場合)を行います。

 

3.腰骨(腰椎)の側面がとても固くなっている場合

腰骨の周辺にこびりつくように筋肉の「こり」が集中していることがあります。この場合、こりに集中的に鍼を打ち、腰にできたこりをほぐします。骨盤の歪みによる腰骨(腰椎)の変形が長期間になると出てくるように考えられます。

 

4.腰の側面の筋肉がかなり固い場合

腰の側面のこりが原因の腰痛としては、腰を右や左に倒した際に腰が痛い場合が考えられます。もちろん、骨盤の左右の動きが悪いことで腰に痛みがある場合もありますが、とくに、股関節が柔軟にもかかわらず、腰を左右に倒すと痛い場合は、腰の側面の筋肉(腰方形筋)が固くなっている場合があります。

その場合は、腰の側面の筋肉を鍼、もしくは指圧でほぐします。

 

5.産後の腰痛

産後は妊娠中に腰が反ってしまいそれが残って痛いのか、骨盤が開いて痛いのかなどを考慮します。骨盤が開いて痛い場合は、骨盤ベルトをして腰を動かすと痛みがなくなったりします。反っていたい場合は、お尻が後方へ突き出している、前に曲げると痛くないが後ろに曲げるといたいなどの特徴があります。

 

腰痛と骨盤の関係の判断は、股関節を動かすことで腰が痛くなるか?股関節の柔軟性の具合、日常生活(特にお仕事で持続的に同じ姿勢をしているかどうか?)などを確認して判断しています。

腰のこりについては、触診してその固さで判断しています。

以上のことを総合的に考えて施術方法を提案させていただいています。

 

なお、足のしびれがある場合は、坐骨神経痛への施術方法をご覧ください。

関連記事

この記事では、ひがし鍼灸整骨院が坐骨神経痛の症状に対してどのような施術を行うかを説明します。 デスクワークで椅子に座っていると、腰からお尻にかけて痛みを感じる 歩く際に、足がしびれて歩行が困難 毎年、冬になると腰や[…]

坐骨神経痛への施術方法

 

腰痛改善は、腰と股関節へのアプローチが大切

腰が痛くなる原因の一つとして股関節が固いことで腰に負担がかかってしまい、痛くなることがあります。

骨盤と腰骨(腰椎)は連動して動きます。

例えば、前に体を倒すような前屈姿勢を取るときは、骨盤も前に倒れて腰骨が曲がることで前屈できるようになります。

そのため、骨盤が前に倒れないと腰骨もよけいに曲がらないといけないために、腰が痛くなります。

この場合、骨盤の後面のお尻の筋肉や太ももの裏側の筋肉が固いことで伸びないために骨盤が前に倒れないことになります。

その場合、日頃からお尻や太ももの裏側の筋肉をストレッチして柔軟にしておけば骨盤と腰骨がうまく連動して動き、腰に負担がかからなくなります。

その結果、痛みも出なくなります

同じことが腰を後ろに曲げる後屈動作でも言えます。後屈動作の場合は、股関節の前面の筋肉が柔軟であることが重要だと思われます。

骨盤の動きか良くなっても、腰の筋肉に固いこりができていると痛みが取れにくいこともあります。

その場合は、腰のこりを鍼でほぐします。

腰の筋肉がかなり固くなっていたり、痛みが強い場合は、ルート治療もおすすめです。

関連記事

  筋肉のコリというものは、人間の体の免疫細胞に治してもらえずに放置されてしまうという特徴があります。例えば、擦り傷や打ち身等は時間の経過とともに治癒していきますが、コリだけは数年から数十年ずっとその場所に居座り続け[…]

鍼施術2

 

現代はデスクワークをはじめ、同じ姿勢を続けるような仕事が多いです。

椅子にずっと座るのは、股関節を曲げた状態を続けることにより股関節の特に前面の筋肉をずっと縮めた状態にしてしまいがちです。

縮まったまま、固まることで伸びなくなったりして腰が慢性的に痛くなります。

愁訴別の施術方法

辛い症状のことを愁訴と言いますが、その愁訴に応じても施術は変わってきます。

愁訴と体の姿勢、筋肉の固さなどを総合的に判断して鍼灸、整体などあなたに合わせた施術を行います。

デスクワークの時間が長くなると痛くなる

デスクワークが長くなる(股関節をずっと曲げている)ことで、股関節の奥にある腸腰筋がずっと縮むことで痛みにつながっているのかもしれません。

他の症状として・・・

椅子から立ち上がる際に痛いが、動くとだんだん痛みが楽になる。

仰向けで寝ると腰が痛い。

などがあります。

股関節の前の腸腰筋が伸びないことで起こっている症状かもしれません。

この場合、股関節の前を触診すると筋肉が固くなって、こりがあります。

特に股関節の前面の筋肉の柔軟性を取り戻していただく必要がありますので、ご自宅で行うストレッチも股関節前面を中心にしたストレッチなどをアドバイスしています。

 

立ち仕事で痛くなる

立ち仕事で腰が痛くなる原因として、股関節周りの骨盤が固いことで骨盤が前に倒れたり、後ろに倒れたり、また左右どちらかに傾くことで、腰に負担がかかってしまい痛くなってしまう場合があります。

骨盤の状態を診て、整体を行ったり、ご自宅でのストレッチのアドバイスをします。

 

肩、背中、腰が痛い

背骨の両隣にある脊柱起立筋という肩、背中、腰まで続いている筋肉が固くなっている可能性があります。

脊柱起立筋のこりを鍼でほぐすことですっきりできる可能性があります。

このパターンの腰痛は、自律神経の乱れなどを併発している場合も多いです。

 

アドバイスするストレッチは例えば・・・

 

【骨盤の見分け方とセルフケアの方法1】

【骨盤の見分け方とセルフケアの方法2】

お体の状態に合わせて、ストレッチのアドバイスをさせていただいています。

鍼灸と整体、セルフケアで頑固な腰痛を解決しましょう!

慢性腰痛でお困りの方はぜひ、ご相談ください。

ブログランキングに参加しています。

ランキングを確認する場合は、こちらをクリック

ブログランキング・にほんブログ村へ

慢性腰痛への施術
最新情報をチェックしよう!
>生活の質向上のための健康をテーマにLINEで情報発信しています!

生活の質向上のための健康をテーマにLINEで情報発信しています!

LINE登録おかげさまで、500名突破!

LINEでは、

・ブログや動画の更新のお知らせ
・施術の依頼のご相談
・健康についての質問

にご利用いただけます。
興味がある方は、ぜひぜひ登録してください!

CTR IMG