鍼灸師が選ぶ、おすすめの市販お灸5選【温感でこりをほぐそう】

今回のテーマは、おすすめの市販お灸です。

自宅で、お灸をはじめたいけど、どんなお灸を選べばいいかわからない人は、この記事をご覧ください。

ひがし

こんにちは。

熊本の鍼灸整体師のひがしだいすけです。

簡単に自己紹介します。

僕は、鍼灸整体師(鍼灸師・柔道整復師)という肩書きで、日々の活動をしています。

そのため、施術とアドバイスを通して、体の不調や悩みを抱えている人の回復をサポートしています。

積み重ねた知識や経験をもとに、お役立ちセルフケア情報をブログにつづります。

プロフィール>

お灸は、自宅でもできるセルフケアとして昔から愛され続けています。

ただし、煙が出ることと、臭いがするデメリットがありますよね。

換気扇の近くで、お灸をするといいのですが、そもそも一般家庭の換気扇は、台所にあるのが普通です。

台所は、寒い、横になれないなど、お灸をできるような環境ではないかもしれません。

 

お灸自体が、煙が少ない、臭いが少ないのであれば、台所以外の場所でも使いやすいですよね。

そこで、今回は、煙が少ない(もしくは、煙がない)、臭いが少ないお灸を紹介します。

加えて、比較的に熱くなくて初心者の方でも気軽に使えるようなお灸を選んでみました。

自宅での、お灸選びの参考にしてください。

それぞれのお灸に動画も付けておきました。

燃えるときの煙の出方や使い方など、参考になればいいかと思います。

なお、お灸に点火する際などのさらに詳しい説明は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

今回のテーマは、お灸のやり方です。セルフケアの方法として、自分でお灸をするというのは、昔から家庭で行われる健康法です。自分で、お灸を家でやってみたい人は、この記事をご覧ください。 ひがし[…]

おすすめ市販のお灸① MOXA

おすすめ市販のお灸① MOXA

MOXAは、もっとも初心者用に作られたお灸です。

煙が少なめ、熱くない、マイルドな香り、お灸自体からも良い香りがします。

ちなみに、この種の灸は、台座灸と言われます。

もぐさと肌が直接触れないように、もぐさの下に厚紙が敷いてあります。

デメリットは、本当に熱くないので、ある程度の熱感を求める人には不向きだと思います。

 

動画でも分かりますが、比較的にお灸の煙が少ないです。

臭いは、ゼロではありませんが、ほとんど臭くありません。

 

おすすめ市販のお灸② アロマきゅう

おすすめ市販の灸① アロマきゅう
アロマ灸は、しましま模様が、おしゃれな感じですね。
このお灸も、お灸自体から、アロマの香りがします。
熱感も、先ほどのMOXAよりも感じやすくなっています。
それでも、それほど熱くはありません。

 

燃やした際の煙の臭いは、MOXAに比べると若干、臭います。
ただ、MOXAよりも、もう少し熱感が欲しい人には向いています。
煙の量は、MOXAと同じくらいです。

おすすめ市販のお灸③ 煙の出ないお灸 奇跡

おすすめ灸③ 煙の出ないお灸 奇跡
無煙のお灸「奇跡」は、炭化したもぐさを使ってあるみたいで、ちょうど炭を燃やすときに煙が出ないような感じですね。
お灸の名前のように、燃やしてもまったく煙が出ないのは、まさに奇跡です。
ただし、デメリットはあります。
それは、火が着きづらいことです。

動画で見てもらえばわかりますが、しばらく火でお灸を、あぶらないと火が着きません。

通常のお灸だと、すぐに火が着きます。

火が着きにくいデメリットがありますが、本当に煙がでない点は、自宅でする場合は、大きなメリットですね。

煙が出ないので、もちろん無臭です。

すごいですね。

おすすめ市販のお灸④ 火を使わないお灸 太陽

おすすめ灸④ 火を使わないお灸 太陽
火を使わないお灸「太陽」は、パッケージから出して、シールを剥ぐと、だんだんと熱くなってくるようです。
とはいえ、貼って使うだけだと、直貼カイロとの違がわからなくなりますね。
直貼りカイロとの違いは、中にもぐさシートが入っていることです。
もぐさが、使われているのでお灸というわけです。
あとは、平均温度が40~50℃であるため、直貼りカイロよりは少し熱いのかもしれません。
そのため、めぐりズムの蒸気の温熱シートをはじめとした直貼りのカイロよりもさらに、低温熱傷に注意する必要があります。
パッケージを開けて、テープを剥ぐとすぐに使えます。
パッケージからだしてすぐに使えるて、3時間持ちします。
3時間も、暖かいお灸です。
動画では、手に貼っていますが、肩こりや腰痛で患部に貼るのもよさそうです。
個人的には、肩の肩井(けんせい)というつぼに貼ったら、肩こりが楽になるのではと思います。
ひがし
僕が、下の写真で指さしているところが肩井になります。
太陽を使う場所は、肩こりのつぼ肩井がおすすめです。

おすすめ市販のお灸⑤ お灸 世界

おすすめ市販のお灸⑤ お灸 世界
太陽よりもさらに、大判の火を使わないお灸が「世界」です。
こちらも、もぐさシートが使われています。
また、直貼りのカイロよりも貼った際の皮膚面の温度が高くなります。(40~50℃)
そのため、めぐりズムの蒸気の温熱シートをはじめとした直貼りのカイロよりもさらに、低温熱傷に注意する必要があります。
使い方は、通常のカイロと同じような感じです。

動画のように、袋から出して、テープを剥いで皮膚に直接貼り付けて、すぐに使うことができます。

貼った際の感想は、僕の体感でも、40度目安の直貼りのカイロよりも熱く感じました。

腰や膝にこんな感じで貼るといいですね。

お灸世界を貼るおすすめの位置

 

お灸の「太陽」と「世界」は、低温熱傷に注意!

低温熱傷にならないようにするために、貼る場所をこまめに変えることと、就寝中は絶対に貼らないようにしましょう。

お灸を使うときは、説明書を読もう

お灸を使うときは、説明書を読もう
お灸には、説明書きがついています。
特に、お灸の「太陽」と「世界」は、上の写真のような説明書がついています。
特に、低温熱傷に注意する必要がありますが、使い方についても説明書に、詳しく書かれているので安心ですね。

まとめ

今回は、自宅で使いやすそうなお灸を使ってみました。
お灸で体を温めると、温熱効果でこりもほぐれて、心身ともにすっきりしますね。
火を使わないお灸は、通常のカイロよりも高温になりますので、説明書を読んで使い方には注意してくださいね。
あなたに合ったお灸が見ると、いいですね。
ひがし
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事でレビューした健康グッズ

>ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

YouTubeでも健康情報配信中です

役に立つストレッチ・メンタルケア・健康の考え方などをお伝えしています。