Pousutong姿勢矯正クッションを使ってみた感想

今回のテーマは、Pousutongの姿勢矯正クッションを使ってみた感想です。

Pousutongの姿勢矯正クッションの使い心地や、使い方に興味がある人は、この記事をご覧ください。

ひがし

こんにちは。

熊本の鍼灸整体師のひがしだいすけです。

簡単に自己紹介します。

僕は、鍼灸整体師(鍼灸師・柔道整復師)という肩書きで、日々の活動をしています。

そのため、施術とアドバイスを通して、体の不調や悩みを抱えている人の回復をサポートしています。

積み重ねた知識や経験をもとに、お役立ちセルフケア情報をブログにつづります。

プロフィール>

 

デスクワークや車の運転などで、長い時間、座った状態を続けてしまうと腰が痛くなって辛いですよね。

そういった場合は、腰が楽な姿勢をとりやすくしてくれる姿勢矯正クッションを使ってみるのも一つの方法だと思います。

今回は、Pousutongの姿勢矯正クッションを使ってみた感想をお伝えします。

クッションを使った感想を結論から言うと、買ってよかったと思います。

腰が楽になるだけでなく、おしりへの当たりがやわらかく、おしりも楽でした。

ただし、いくつか注意する点もありましたので、姿勢矯正クッションの購入を検討するのであれば、失敗しないためにもこの記事をご覧ください。

Pousutong姿勢矯正クッションを使ってみた

上の写真は、僕が普段使っているパソコン作業用の椅子に、Pousutongを置いた写真です。

Pousutongのような座面に置くタイプの姿勢矯正クッションは、背もたれの大きさに影響されないのがメリットです。

僕の椅子のような、背もたれが小さい椅子でも問題なく使うことができます。

さらに、クッションが柔らかいので、クッションが座面よりも大きくても使えます。

上の写真の程度はみ出しても問題ありません。

座面の大きさが、ぴったりクッションに合っていなくても快適に使えます。

Pousutongクッションは、お尻と太ももにフィットする

 

Pousutongクッションは、お尻と太ももにフィットする

上の写真は、Pousutongのクッションを前から見た写真です。

ちょうど、太ももが当たる部分は、太ももにフィットするような形状になっています。

この部分のフィット感が、座面が平たい椅子を、快適にしてくれます。

お尻の部分は、後方に行くに従い、徐々に高くなるような勾配が付けられています。

そして、おしりの尾骨部分まで優しく包み込んでくれる作りになっています。

座ってみると、クッションの形状がおしりにフィットするだけでなく、適度な柔らかさもあり、

おしりが圧迫されることで起こる疲労感が軽減される感じです。

Pusutongクッションのデメリット

僕が感じたデメリットは2点です。

購入の際は、デメリットを考慮してみてください。

クッションのカバーは洗えない

ファスナーがついているので、洗えるかと思いきや、実は、カバーは洗えません。

なぜなら、形状がドーナッツ型だからです。

真ん中に穴が開いているので、ファスナーでカバーを開いても、残念ですがカバーを外せないのです。

カバーを外さずに洗うと、中のクッション素材が濡れてしまい、カビてしまう可能性があるので、クッションは洗えません。

そのため、臭い名が気になる場合は、消臭スプレーや除菌スプレーを吹きかけることしかできないことは、考慮しておいた方がよさそうです。

同種の姿勢矯正クッションで、カバーを洗濯できるものだと、「Dr.Seat」があります。

現在の座面の高さよりも座面を低くできない場合は、注意が必要

座面の高さを低くできれば問題ありませんが、今よりも低くできない場合は、座面にクッションを敷いて座ると、

クッションの厚みのせいで、足が床から浮いてしまうかもしれません。

足が、床から浮いてしまうと、体が不安定になるので、椅子に座りずらくなる可能性があります。

クッションの厚みで、5cmくらい、高くなります。

座面が低くできない場合は、背もたれ用のクッションを検討するのもいいかもしれません。

関連記事

今回のテーマは、テンピュールの腰痛クッションを使った感想です。テンピュールの背もたれ腰痛クッションで腰が楽になるかどうかを知りたい人は、この記事をご覧ください。ひがしこんにちは。熊本の鍼灸整体師の[…]

テンピュールの腰痛クッションを使ってみた感想

Pousutong姿勢矯正クッションの座り方

Pousutongに限らず、座面に使うような姿勢矯正クッションは、体の重心を後方にする感じで座ると役に立ちます。

上の写真のちょうど、赤丸がついた位置にお尻を密着させて体重を後方に寄せるイメージです。

良い座り方

姿勢矯正クッションに座って腰が楽になるためには、上の写真のようにクッションの後ろののぎりぎりまで使って座ることです。

そして、体をクッションの後面の高くなっているところに預けるように、体重を後方よりにすると骨盤が自然と立ちやすくなります。

骨盤が立つことで、腰が楽な姿勢になります。

ダメな座り方の例

骨盤矯正クッションに座っても腰が楽な感じがしない人は、以下のようになっていないかをチェックしてみてください。

腰を丸めて座る

骨盤矯正クッションといえども、腰を丸めて座ろうと思えば座れます。

一応は、骨盤を立てる意識を持っておかないと、腰が丸くなってしまいます。

腰が丸くなると、腰に負担が大きくなるので、骨盤矯正クッションの利点を生かしきれません。

 

クッションの前方にする

クッションの前方に座ってしまうと、せっかくの骨盤矯正クッションの後方の勾配が使えなくなります。

骨盤矯正クッションは、おしりを後面の勾配で刺させてくれるので、使えるのです。

その利点を生かすためにも、クッションの全体を使って座るようにしてみてください。

 

できる限り、おしりを座面の後方に密着させて、クッションでお尻の後ろ側を支えてもらうような座り方をすると、姿勢矯正クッションの効果が生きてきます。

姿勢矯正クッションを使っても、効果を感じられない人は、以上のことを確認してみてください。

さらに詳しく知りたい場合は、次の記事をご参照ください。

関連記事

今回のテーマは、姿勢矯正クッションに効果がある理由について考察します。姿勢矯正クッションが本当に効果があるかどうか、を知りたい人はこの記事をご覧ください。ひがしこんにちは。熊本の鍼灸整体師のひ[…]

まとめ

Pousutongの姿勢矯正クッションは、使ってみると予想以上に快適でした。

ただし、洗うことができない、椅子を低くできない場合は、足が浮いてしまい体が安定しなくなる可能性があるデメリットを考慮の上、自分に合いそうであれば購入してみるといいと思います。

姿勢矯正クッションの正しい座り方も、確認してみてくださいね。

ひがし
いくつかおすすめの記事を載せておきますので、参考にしてください。

 

その他のクッションについて選び方も含めて知りたい場合は、下の記事を参考にしてください。

関連記事

デスクワーク用クッションで本当に、肩や腰が楽になるのだろうか?おすすめの肩や腰が楽になるデスクワーク用のクッションを知りたいデスクワーク中におしりが痛いので、おしりの痛みが軽減するクッションを知りたい以上[…]

デスクワークにおすすめの肩腰が楽なクッション10選|選び方も解説

 

正しい姿勢について詳しく知りたい人は、下の記事をご覧ください。

 

デスクワークの人は、日頃からセルフケアをするのがおすすめです。

そこで、たとえば、次の記事がおすすめです。

おすすめ記事

ストレッチ用ポールの使い方を知りたい ストレッチ用ポールをすることで、本当に猫背に効果があるのかを知りたい 自分には、どんなストレッチ用ポールがあっているのかを知りたいデスクワークの人は、一日の終わりにス[…]

デスクワークのボディケアに効果的!ストレッチポールの使い方
>ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

YouTubeでも健康情報配信中です

役に立つストレッチ・メンタルケア・健康の考え方などをお伝えしています。