デスクワークの時の肩腰が楽なクッション選びにおすすめな方法

デスクワーク用クッションで本当に、肩や腰が楽になるのだろうか?

おすすめの肩や腰が楽になるデスクワーク用のクッションを知りたい

デスクワーク中におしりが痛いので、おしりの痛みが軽減するクッションを知りたい

以上の疑問にお答えします。

デスクワーク中の肩や腰が楽になるクッションを購入する場合、どれにすればいいか迷いませんか?

ひがし

こんにちは、ひがしです。

僕は、2020年時点で業界10年目の鍼灸整体師(鍼灸師・柔道整復師)です。

積み重ねた知識や経験をもとに、お役立ちセルフケア情報をブログにつづります。

プロフィール>

デスクワーク用のクッションには、おしりに敷く座布団式と、背中に敷く背もたれ式があります。

僕は、座布団式と背もたれ式の両方を試しました。

この記事では、両方を試して分かった、クッションのおすすめな選び方をお伝えします。

  • 肩や腰の負担が楽になるクッションとは、どんなものなのか?
  • デスクワーク用クッションのレビュー
  • クッションの選び方(座布団式?背もたれ式?)

結論から話すと、デスクワーク用の姿勢矯正クッションを選ぶ場合は、座布団式を考慮するといいです。

さらに、おしりが痛い人は、座布団式の中でも、低反発がおすすめです。

座布団式が自分のデスクに合いそうもないときは、背もたれ式を考えるといいです。

ひがし
この記事を読むことで、肩や腰を楽になる姿勢矯正クッションを見つけることができますので、最後までご覧ください。
【関連動画】
骨盤矯正用の座布団やクッションは、正しく使えば、効果があります。 この動画では、骨盤矯正用の座布団を正しく使う方法を分かりやすく解説します。 また、骨盤矯正クッションを購入した場合に、後悔してしまないようにデメリットも含めてお伝えします。 骨盤矯正クッションに興味がある方は、ぜひ動画をご覧ください。

肩や腰を楽にするデスクワーク用クッションの選び方

座面に敷く座布団式クッションと、背もたれに敷く背もたれ式クッションのメリットとデメリットについてそれぞれ分析します。

その後に、机の環境や椅子の状態に応じて、どちらがいいのかを考えていきます。

背中を支える背もたれ式のデスクワーク用クッション

背もたれ式のデスクワーク用クッションを使った場合

背もたれクッションは背もたれの影響を受けやすいデメリットがある

背もたれ式のクッションは背もたれの影響を大きく受けるので、背もたれ式のクッションがデスクワークで使いずらいです。

というのは、背もたれが小さかったり、背もたれが後ろに倒れたりすると、背中と背もたれの間に入れたクッションがずれてしまうのです。

背中もたれクッションは椅子の高さに関係なく使えるメリットがある

座布団式のクッションは、座布団の厚みにより座高の高さが変わってしまう、デメリットがあります。

しかし、背もたれ式のクッションは、座高の高さが変わることなく体を支えてくれます。

おしりを支える座布団式のデスクワーク用クッション

座布団式のデスクワーク用クッションを使った場合

座布団式クッションは、目線が高くなり、足が浮くかもしれないデメリットがある

座布団式のクッションの場合は、クッションの厚みにより、おしりの位置が高くなるので、目線の高さが変わったり、足が床から浮いてしまう可能性があります。

目線が高くなると、パソコンを見るときに首を曲げることで、首に負担がかかります。

足が床から離れてしまうと、体が不安定で、正しい姿勢を取りずらくなります。

座布団式クッションは、背もたれの影響を受けないしおしりが楽になるメリットがある

座布団式のクッションは、骨盤で体を支えるため、背もたれの影響を受けないメリットがあります。

さらに、おしりの形状に合わせた作りになっている低反発素材の商品が多いので、座った際におしりを覆うようにカバーしてくるので、おしりの痛みを軽減できます。

 

ひがし

ちなみに、座面の大きさが座布団と合わないこともあるのでは?という心配がありますよね。

それについは、それほど心配する必要はないと、僕は思います。

座布団式のクッションは、座面の大きさの影響を受けにくい

座布団式のデスクワーク用クッションは座面から少しはみ出ても問題ない

上に写真のように、僕の椅子の座面は、クッションよりも小さかったのですが、問題なく使えました。

 

座面よりもデスクワーク用クッションが大きい状態で座った時の様子

ちょうど太ももの所で、クッションが折れ曲がり、クッションの形状が少し変化するので、問題なく座れます。

もちろん、座面とクッションのサイズがぴったりだと、理想的です。

とはいえ、大きさが違っていても問題なく使うことはできます。

座布団式と背もたれ式のクッションとでは、座布団式を優先して選ぶ

座布団式と背もたれ式のクッションで、どちらがいいでしょうか?

はっきり伝えると、デスクワークの場合は、まずは座布団式を検討する方がいいと思います。

なぜなら、背もたれ式は、デスクの椅子に適合するための条件が座布団式よりも多いからです。

ひがし
ただし、座布団式を選ぶ場合でも、重要なことがあります。

座布団式を使う場合に、考えた方がいいこと

座布団式に椅子に敷くと、クッションの厚みで座高の高さやおしりの位置が変わります。

だから、次のことを考えた方がいいです。

  1. デスクワークの椅子を、低くすることができるか
  2. 今の目線よりも5cmほど高くなった場合、パソコン画面を見るために首を大きく曲げることにはならないか
  3. デスクワーク中に机と太ももの間に5cm以上の隙間があり、クッションを敷いて座っても、足が机の下に入る余裕があるか
座布団式のクッションを購入する場合、上記の3点は確認した方がいいかもしれません。
とはいえ、1番と2番は、仮に満たさなくても、クッションの購入後になんとかなります。
3番だけが、なんともならないので、注意してください。
ひがし
①と②については、対策法についてお伝えして、③は注意点をお伝えします。

①デスクワークの椅子が足から浮いてしまった場合の対策

デスクワーク用クッションでお尻の位置が高くなり、足が浮くと座りにくい

座布団式のクッションは厚みがあるので、座ると上の写真のように足が浮いてしまうことがあります。

まず、デスクワークの椅子は、椅子の高さを調節できることが多いです。

だから、高さが合わないときは椅子の高さを低くすればいいだけです。

低くできないときは、足の下に踏み台を置けば問題ありません。

②目線の高さが高くなった場合の対策

デスクワークで、目線の高さが高くなると姿勢が悪くなる

クッションの厚みにより、目線の位置が高くなり過ぎると、上の写真のように首を曲げて下を向かざる終えなくなります。

これだと、デスクワーク用のクッションがあっても、姿勢が崩れてしまい、クッションの効果を実感できなくなる可能性があります。

目線の位置の高さについては、パソコン画面の角度や高さがを変えられたら、まずは問題ありません。

ノートパソコンや画面の角度を変えられないデスクトップパソコンの場合は、下の写真のように、パソコンの下に本を敷く方法があります。

座布団式のデスクアーク用クッションを敷いてデスクワークをしている様子

本を敷くのが、見た目にかっこ悪くて嫌な場合は、ノートパソコン用のスタンドやPCのモニター用のスタンドを活用する方法もあります。

以上のように、座布団式のクッションで失敗する要因の①と②は、対策をほどこすことでなんとかなります。
しかし、③番だけはなんともならない可能性があるので注意が必要です。

③椅子を最大に低くした時の、机の下面と太ももの隙間の広さに注意する

③椅子を最大に低くした時の、机の下面と太ももの隙間の広さに注意する

最後の③番については、太ももとの隙間がないと、机の下に足が入らなくなる可能性があります。

クッションを敷いた際に、机の下面と太ももの隙間を確保できるかを確認してください。

僕が購入したPousutongの座布団式クッション場合は、クッションを敷くことで隙間が3cmほど狭くなりました。
クッションによってはもっと分厚いものもあるので、5cm以上は机と太ももの間に隙間があった方がいいです。
ひがし
座布団式の場合は、机と太ももの隙間はチェックしてください。

 

まずは座布団式を検討してみて、やっぱり背もたれ式のクッションがよさそう場合は、背もたれ式を検討するといいです。

次に、背もたれ式のクッションで考えるべきことを伝えます。

背もたれ式クッションは、

背もたれ式のクッションの場合は、背もたれの状態と座面の大きさを確認した方がいいです。

つまり、以下の点です。

  • 背もたれの角度を移動できて、後ろに倒れないように固定できるかどか
  • 背もたれの大きさが、背もたれ式クッションより大きいかどうか
  • 背もたれの厚みに対して、座面が小さすぎないか

 

背もたれ式のデスクワーク用クッションを使う場合に、クッションがずれ落ちる場合はタオルを使う

僕のデスクワークの椅子は、背もたれを固定したり、角度を調整したりできません。

そのため、背もたれ式のクッションを使った時は、タオルを使う必要がありました。

タオルがないと、背もたれと腰に隙間ができて、背もたれ式のクッションが下にずれてしまうからです。

他にも、僕の椅子の背もたれが小さいことも、背もたれ式クッションを使いずらい要因でした。

ひがし
アマゾンレビューに書いてありましたが、クッションの厚みに対して、座面が小さすぎる場合は、体が押し出せれて座りにくいようです。

つまり、背もたれだけでなく、座面の広さも考えないといけません。

背もたれの厚みで体が前に移動することになるので、座面が小さいと座りにくくなってしまいます。

だから、背もたれの厚みが小さいと体がのけぞるし、背もたれの厚みが大きいと、座面の大きさを考慮しないといけなくなります。

購入の際は、背もたれクッションの最大の厚み分だけ、座面の前方に座っても、座りにくくないかどうかを確認してみてください。

 

以上のことから、背もたれ式は、デスクワーク用の椅子に合わせるのが座布団式よりも比較的に難しいです。

ひがし
よって、デスクワーク用の姿勢矯正クッションを選ぶ場合は、座布団式を優先して考えると失敗の可能性が低くなります。

 

背もたれ式は、車に使うといい

背もたれ式のデスクワーク用クッションは車の座席に適しやすい

背もたれ式のクッションは、車にはマッチしやすいと思います。

なぜなら、背もたれの角度は自在に変えら、座面が小さいという心配もありません。

さらに、座席を水平移動できるので、座席に深く座っても、アクセルやブレーキを踏めなくなる心配もありません。

ただし、軽トラなどに多い、座面が硬くて背もたれの角度を変えられないような車については、やはり座布団式がいいかもしれません。

もちろん、車で座布団式を使う場合も目線や座高が高くなることは、考慮してみてください。

.

ここまでで、デスクワーク用のクッションの選び方を説明してきました。

ひがし
選び方を考慮して、デスクワークのクッションを検討してみてください。

姿勢を正してくれるおすすめのデスクワーク用クッション

座布団式と背もたれ式のそれぞれ、3つ例を挙げるので、デザイン性や特徴を考えて自分に合ったものを選んでみてください。

ちなみに、第〇世代というのは、新しく改良した場合に、世代が変わるようです。

ひがし
おすすめの基準は、アマゾンレビューで高評価の物を選びました。

座布団式のクッション3選

Gadeel 第5世代クッション

  • 低反発クッション
  • 価格帯:3~4千円
  • サイズ:縦42x横33x厚さ8cm
  • カバーを、洗濯できる
真ん中に穴が開いていることで、通気性が良くなり蒸れにくく、出産後や痔によるおしりの痛みが軽減できるメリットがあります。
真ん中に穴が開いているクッションの場合、カバーが選択できないこともありますが、Gadeelは選択できるのもうれしいポイントです。
厚みがあるので、床においても使えるという意見もありました。

My Gear 低反発クッション

  • 低反発クッション
  • 価格帯:2~3千円
  • サイズ:縦45cm × 横37cm × 厚さ6cm
  • カバーを、洗濯できる
ジェル素材を使っているのが特徴的なクッションです。
ジェル素材だと、おしりの負担を軽減できます。
アマゾンレビューでは期待以上だったという声も多数聞かれます。
メッシュ素材を使っているから、通気性もあります。

Pousutong ヘルスケア座布団

  • 低反発クッション
  • 価格帯:3~4千円
  • サイズ:縦42cm × 横45cm × 厚さ3cm~11cm
  • 説明には、カバーを洗濯できると書いてあるけど、洗濯できなかった
サイズは、僕が計測しました。
厚みに関しては勾配になっていて、前の薄い部分が約3cmで後方の一番厚い部分が11cmです。
ファスナーはついているけど、洗濯はできませんでした。
使い心地は、良いので、おすすめに加えておきました。
ひがし
この記事を読み進めてもらうと、レビューを書いています。

背もたれ式のクッション

Villsure ランバーサポート低反発クッション

  • 価格帯:3~4千円
  • サイズ:縦42cm × 幅30cm × 厚さ7cm~12cm
  • カバーを洗濯できる
  • 固定用のゴムバンドあり

アマゾンレビューを見ると車に使っている人が多いです。

デスクワークで使う場合は、椅子自体がある程度の大きさでなければ、使いずらいかもしれません。

少なくとも背もたれの大きさが、上記のサイズよりも大きい必要があります。

とはいえ、デスクの椅子に合えば、別売りのVillure座布団クッションと併用するとデスクワークの座り心地がよさそうです。

Aoomiya 腰痛クッション

  • 価格帯:3~4千円
  • サイズ:縦50×横42×厚さ8cm
  • カバーを洗濯できる
  • 固定用のゴムバンドあり

こちらも、サイズが大きい背もたれクッションです。

ゲーミングチェアなどには良いみたいです。

Aoomiyaネックパッドと併用すると、快適なドライブをできるようです。

僕の場合は、車用に欲しいと思いました。

Tempur トランジットランバーサポート

  • 価格帯:3~4千円
  • サイズ:縦25×横30×厚さ1~6cm
  • カバーを洗濯できる
  • 固定用のゴムバンドなし(別売り)

背もたれ式クッションの中でも、小さいので持ち運びがしやすいです。

別売りで専用カバーが売られていて、カバーがあると車で使う際にずれにくいので、便利です。

ひがし
次に、僕が購入したPousutongヘルスケア座布団Tempur腰痛クッションについてのレビューをお伝えします。

僕が購入した、デスクワーク用クッションのレビュー

POUSUTONG 健康クッション

Pousutongデスクワーク用クッション

僕は、Pousutongのクッションを、アマゾンで購入しました。

 

座面の前方が薄くなっているデスクワーク用クッション

上の写真のように、前面は厚みが薄く作られています。

 

デスクワーク用クッションを側方から見ると後方が高くなっている

後方になると、後ろに突起が出ているのがわかると思います。

まさに、前面が低く、後面が高くなるようにしてあり、おしりをその高低差を利用して支えてくれる仕様になっています。

クッションの起伏は、おしりの形状にもフィットするように作られているので、お尻の負担も軽減して楽に座ることができました。

 

デスクワーク用クッションは、カバーを空けることもできる

それで、ここが注意点なのですが、ファスナーは開くのですが、実は、カバーは洗うことができません。

なぜなら、真ん中に穴があいている形状なので、残念ながらカバーを外せないのです。

だから、このような真ん中に穴あきタイプのクッションを購入する場合は、洗濯ができない可能性があります。

臭いが気になる場合は、消臭スプレーで対応するしかありません。

座布団式デスクワーク用クッションい座った状態
座ると上の写真のようになります。
少なくともクッションの厚み分の5cmくらいは座高が上がることには、注意してください。
Pousutonguは、前面の一番低いところが3cmで後面の一番高いところが13cmです。
ほとんどの座布団式のクッションは、厚みがあるので、購入の際は厚みを確認しましょう。
ひがし
洗えないのは残念でしたが、座り心地は良かったです。

Tempur 腰痛クッション

背もたれ式デスクワーク用クッション

背もたれ式のクッションは、Tempurのクッションをアマゾンで購入しました。

ひがし
Tempurは、世界的に有名な寝具メーカーですね。。
背中とクッションの間に隙間ができる場合は、タオルで埋める
Tempurの背もたれクッションを、僕のデスクワークの椅子に使う場合、上の写真のようにタオルを使う必要がありました。
なぜなら、タオルをはさまないと、クッションに体重をかけた際に、体がのけぞってしまうからです。
だから、僕の場合は、Tempurのクッションは、車の座席シート用に使っています。
特に、長時間の運転の際は快適ですよ。
デスクワーク用クッションは、カバーも外せるので洗える
カバーは外して洗うことができますので、カバーを洗濯したい人には安心ですね。
背もたれ式の場合は、ほとんどがカバーが洗えるようになっています。
しかし、カバーを洗濯したい人は、念のため、洗えるかどうかをチェックしてください。
ひがし
Tempurのクッションは、車の座席用に使っていますが、快適ですよ。
次に解説するのは、姿勢矯正クッションを使うと楽になるメカニズムです。
なぜ、姿勢矯正をされるのかを知っておくと、クッションを購入して使う際に、正しい使い方をできるようになります。

肩や腰が楽になるためクッションを正しく使うには?

肩こりや腰痛を楽にしてくれるようなデスクワーク用のクッションを考える場合、姿勢を正してくれる要素は外すことができないと、僕は考えています。

なぜなら、正しい姿勢でデスクワークをした時と、崩れた姿勢でデスクワークをした時では腰、肩、首への負担が全く違うからです。

ひがし
病院や整体院でも、姿勢が大切だという先生は多いと思います。

さらに、腰痛クッションや、矯正クッションを正しく使うには、クッションにただ座るだけでなく、正しい姿勢で座ることを意識しなければなりません。

そうすることで、肩や腰が楽になります。

正しい姿勢を知って、肩や腰を楽にするためのクッションの本質的な使い方を理解することで、いざ購入したさいにデスクワーク用のクッションをちゃんと使えるようになりますよ。

この項目の結論を、先に伝えておきます。

  • 座布団式の場合は、おしりの後に体を預けて、骨盤を立てて座る
  • 背もたれ式の場合は、背もたれをなるべく90度にして、背もたれに体を預けて座る
ひがし
この項目を読んでもらうと、購入したクッションを正しく使って、肩や腰を楽にしてデスクワークができるようになります。

背骨のS字構造を維持すると正しい姿勢になる

背骨はS字カーブをしている

正しい姿勢とは、上の写真のような背骨のS字構造をキープした状態です。

このS字構造を、座った状態で、なるべく維持することができれば、腰や肩、首のへの負担は減ります。

S字カーブは、人間が二足歩行をする上で、体にかかる重力につぶされないようにするために、力を吸収するために大切なカーブです。

いわば、車やバイクのサスペンションのようなものです。

サスペンションは、路面からの車体への衝撃力を吸収してくれます。

背骨の役割に似ているサスペンション

対して、S字カーブは、重力の影響が特定の部分に集中して、負担がかからないように力を吸収、分散してくれるのです。

つまり、S字カーブが崩れた状態を維持してしまうと、重力の影響が体の特定の部位に一点集中してしまいます。

すると、重力の影響が一点に集中した部分が痛くなり、腰痛や肩こり、首こりになってしまうのです。

だから、肩こりや腰痛が楽になるには、背骨のS字カーブを座った状態で維持する必要があります。

そして、S字カーブを維持するには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 骨盤を立てる
  • おしりの後方(坐骨部)で座る(重心が座面の後方にある)

デスクワーク中に、以上の2つの条件を保てれば、背骨のS字構造をキープできるので、首、肩、腰が楽で痛みが出ない状態を獲得できるのです。

良い姿勢〇

骨盤を立てて、重心の位置を適切に保つ正しい姿勢

上の写真の状態が、骨盤を立てて、おしりの後で座った良い座った姿勢です。

ひがし
骨盤を立てて、おしりの後で座ることで、体の重心の赤ラインが、座面の後方にあることが分かりますね。

 

悪い姿勢の例1×

骨盤が倒れて腰が丸くなり重心が前に位置しているダメな姿勢

上の姿勢は、骨盤を立てずに、なおかつ、お尻の前で座った状態です。

ひがし
腰が丸くなってるし、重心の位置が座面の中心に来てますね。
悪い姿勢の例2×

骨盤を立てただけで重心は前方にある悪い姿勢

上の写真は、骨盤を立てていますが、おしりの前で座っている状態です。

ひがし
腰を極端に反った姿勢になってしまっていますね。一見姿勢が良いようですが、重心が座面の前に来ているので、良い姿勢ではありません。

 

悪い姿勢を避けて、良い姿勢をデスクワーク中に維持できれば、肩や首の負担を減らせる可能性が高くなります。

とはいえ、デスクワーク中に首や肩、腰に負担が少ない良い姿勢をとるために、骨盤を立てたり、おしりの後で座ろうとすると、一つデメリットが出てきます。

そのデメリットとは、お腹の筋肉や股関節の筋肉を使う必要があるため、疲れやすいから続かないことです。

だから、姿勢矯正クッションには、正しい姿勢をすると筋肉が疲れてしまうのを補う役割があります。

姿勢矯正クッションの役割は、背中かお尻を支えて背骨のS字カーブを維持すること

S字カーブを維持するために、骨盤を立てたり、おしりの後の方で座ろうとすると、お腹や股関節の筋肉を使ってしまい疲れてしまうことを前項でお伝えしました。

そして、正しい姿勢を維持する際に、筋肉が疲れないようにするには、体を「何か」で支えるといいです。

その「何か」が、椅子に敷いて使うクッションです。

そして、支える場所は、おしりか背中です。

つまり、クッションを正しく使う場合は、おしりや背中をクッションで支えてもらえるように体を預けて座る必要があります。

そして、しっかりとおしりや背中を支えるためには、いくつかの条件があります。

背中で支えるクッションとおしりで支えるクッションの、それぞれに分けて説明します。

背中を支えるクッション

クッションの代わりに背もたれにタオルを入れてデスクワーク

分かりやすくするために、クッションをタオルに変えてみました。

背中のS字カーブにフィットするようにタオルを当てています。

背骨をタオルで支えると、下の写真のようなイメージになります。

クッションの代わりに背もたれにタオルを入れてデスクワーク(骨模型)

このタオルの役割を、カーブの形状に作りこまれたクッションが担ってくれます。

しっかり、タオルに体を預けると骨だけにしても、姿勢を維持できます。

 

クッションにすると上の写真のようになります。

おしりを支えるクッション

クッションの代わりに座面にタオルを入れてデスクワーク

おしりを支える場合は、おしりの後方からタオルを入れて、タオルに体重をかけて座るようにすると骨盤を立てやすくなります。

つまり、骨模型で再現すると下の写真のような感じです。

クッションの代わりに座面にタオルを入れてデスクワーク(骨模型)

写真からも分かるように、タオルでおしりを後から支えることで骨盤を立てた状態を作ることができています。

つまり、その分、骨盤を立てる際に必要な筋肉を使わずに済むことになります。

よって、クッションを正しく使って、デスクワーク中の肩こりや腰痛を楽にするには次のことを守る必要があります。

  • 座布団式の場合は、おしりの後に体を預けて、骨盤を立てて座る
  • 背もたれ式の場合は、背もたれをなるべく90度にして、背もたれに体を預けて座る

 

 

ひがし
最後に、肩こりや腰痛を予防するための、座ってできる簡単なストレッチを紹介します。

デスクワークで肩こりや腰痛が辛いときのおすすめストレッチ

デスクワークで体が凝ったり痛くなってしまう原因は、ずっと同一姿勢だからです。
常に同じ筋肉が縮んだり、伸ばされた状態のままで動きがないため固まってしまいます。
そのため、椅子に座った状態でもいいので、股関節や肩甲骨に動きをつけて、筋肉が固まらないようにしてあげると楽になる可能性があります。

股関節の筋肉(腸腰筋)のストレッチ

デスクワーク時の椅子に座ってできるストレッチ
まずは、股関節からです。
写真のように、股関節を思いっきり開いて、体を捻るようにして肩を入れてください。
このストレッチは、腰を伸ばすというよりも股関節を伸ばすのが目的です。
そのため、股関節の内側が伸ばされている感じがあれば、うまくストレッチができています。

お尻(殿筋)をストレッチ

デスクワークの合間に椅子に座ってできるお尻のストレッチ

お尻を伸ばす場合は、伸ばすほうの足を反対の膝の上に置きます。

写真だと、左側のお尻をストレッチしていることになります。

股関節が固い人は、これだけでも、ストレッチになります。

さらに伸ばせる人は、そのまま骨盤を前に倒してください。

デスクワーク中にお尻を伸ばすときは、少し体を前に倒す

腰は丸めずに、胸をなるべく張った状態で、体を前に倒します。

坐骨神経痛の予防にもなりますよ。

胸の前面を伸ばす

デスクワークの合間にできる胸を開くストレッチ

胸の前面が収縮すると、肩が内側前方に巻き込むように入ってしまい、猫背姿勢になりやすくなります。
そうすると、背中の筋肉が引っ張られ、首が前方に突出することで、首こりや肩こりの原因になります。
胸を開いて、ストレッチしましょう。
同時に、伸ばされてしまった背中や肩甲骨周りの筋肉は、縮めてあげましょう。
ポイントは、内巻き肩を解消するために、手のひらは上に向きにしてこぶしを作り、ストレッチすることです。

まとめ

肩こりや腰痛が楽になるようなデスクワーク用のクッションを選ぶ際は、姿勢が良い状態を維持するのを、サポートしてくれるようなクッションがおすすめです。

背もたれ式と、座布団式のデスクワーク用クッションがありますが、椅子の状態やデスクワーク環境に応じて選ぶといいです。

クッションを選ぶ際は、まずは、座布団式を検討してみる方がいいです。

その時に、次の条件はしっかり確認してください。

  • デスクワークの椅子が、今よりも低くなるか
  • 今の目線よりも5cmほど高くなった場合、パソコンの高さが下になりすぎないか

以上の条件を満たせるか、あるいは、条件をそのほかの道具や手段で補えるのであれば、座布団式がいいかと思います。

それ以外の場合は、背もたれの状態を確認の上で、背もたれ式のクッションを検討する方がいいかと思います。

  • 背もたれの角度を移動できて、さらに後ろに倒れないように固定できるかどうか
  • 背もたれにある程度の大きさがあるかどうか
  • 座面の大きさは小さすぎないか

以上、背もたれ式と座布団式のデスクワーク用クッションを使ってみた経験をもとに、選び方などを解説しました。

 

ひがし
ぜひ、自分にあったデスクワーク用のクッションを見つけて、腰痛や肩こりを楽にしてお仕事がんばってください!

デスクワーク用クッションを検索する>>

 

この記事でレビューしたデスクワーク用クッション

ひがし
最後に、僕が今回、レビューした健康グッズを載せておきます。参考にしてください。

熊本 ひがし鍼灸整骨院で、つらい体の不調を解決しませんか?

LINEからは、ご予約やご相談も受け付けています。

友だち追加

 

休業日

11月3・10・17・21・24日

12月1・8・15・22・26・29・30・31日

年始は、1月4日~です。

営業時間

休業日以外は、土日祝祭日は関係なく、すべて下記の時間で営業します。

9:00~18:00

18時は最終受付時間ですので、18時にお越しになっても構いません。

お越しの際は、事前にご予約をお願いします。

 

料金の詳細・ご予約・場所については、こちらをクリック

特徴・施術の流れ・おすすめポイントについては、こちらをクリック

症状別の施術方法については、こちらをクリック

患者様のご感想や口コミについては、こちらをクリック

初回は無料のセルフケア整体(オンラインもOK!)は、こちらをクリック

>ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

YouTubeでも健康情報配信中です

役に立つストレッチ・メンタルケア・健康の考え方などをお伝えしています。