【最新比較!】おすすめの懸垂バー|スタンド式、ツッパリ棒式、ドアかけ式

鍼灸整体師ライターのひがし(@higashinkyu)です。

自宅でできる懸垂バーをお探しではありませんか?懸垂バーの種類は、スタンド式やツッパリ棒式、ドアかけ式の3タイプ。あなたの自宅に合ったおすすめの懸垂バーをお伝えします。

もし、自宅にスタンド式を置くスペースがない場合は、ツッパリ棒式やドアかけ式を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事では、スタンド式やツッパリ棒式、ドアかけ式の懸垂バーの選び方を解説して、商品を紹介させていただきます。

あなたに合った懸垂バーが見つかりますので、ぜひ参考にしてください。

懸垂バー3タイプの中から自分に合ったものを選ぶ

懸垂バーには、スタンド式、ツッパリ棒式、ドアかけ式の3タイプがあります。

お部屋のスペースや構造、用途、体重などから、あなたに合ったおすすめの懸垂バーを選びましょう。

ひがし
ここでは、それぞれのタイプを分かりやすく解説します。

部屋にスペースがある場合は、スタンド式の懸垂バーがおすすめ

引用元:Amazon(ボディテック)

スタンド式の懸垂バーは、もっとも丈夫で安定しているのが最大のメリット。

対してデメリットは、次の2点です。

  • 持ち運びができない
  • スペースが必要

1㎡程度のスペースを確保できる場合は、まずはスタンド式の懸垂バーの購入を検討するといいでしょう。

メリット①部屋の傷付ける心配も少なく、安定感もあり安心

スタンド式は、安定感と安心感があります。

なぜなら、ツッパリ棒式やドアかけ式と異なり、頑丈な床で重みを支えられるからです。

つまり、ツッパリ棒式による壁の破壊や、ドアかけ式によるドアの破壊の心配がなく安心です。さらに、床面でスタンドを支えるため安定します。

メリット②可能なトレーニングが多彩

引用元:Amazon(ボディテック)

スタンド式の場合、チンニング(懸垂)以外にも実践できるトレーニングが多彩です。

上半身を中心に、さまざまな部位を鍛えて引き締めることができます。

デメリット① スタンド式の懸垂バーは、スペースが必要

引用元:Amazon(ボディテック)

スタンド式の最大のデメリットは、スペースが必要なことです。最低でも、1m四方(1㎡)のスペースを確保する必要があります。

スタンド式を購入する場合は、自宅にスタンドを置くスペースがあるかを確認しましょう。

デメリット② スタンド式の懸垂バーは、移動が大変

スタンド式の懸垂バーはそれほど重くありません。しかし、サイズが大きいため、引っ越しの際に手間がかかります。

さらに、ドアに引っ掛かり、外に運び出せないことも想定されます。その場合は、一度分解して、引っ越し後に組み立てなおす必要もあるのです。

引っ越しが多い方にとっては、移動が大変なことは大きなデメリットになることでしょう。引っ越しが多いと感じる場合は、ほかのタイプも検討してください。

部屋にスペースがない場合は、ドアかけ式の懸垂バーがおすすめ

引用元:Amazon(バランスボディ研究所

部屋にスタンド式を置くスペースがない場合に、はじめに検討したいのが、ドアかけ式の懸垂バーです。

ドアかけ式のメリットには次のようなものがあります。

  • スタンド式に比べて持ち運びや移動が簡単。
  • 片付けができるため、スペースを取らない。

対して、次の点がデメリットです。

  • ドアの規格に制限がある
  • ドアに傷が入る可能性がある
  • 耐荷重が低め

特に、ドアの規格に合わないものを購入すると使えなくなるため、注意が必要です。

メリット① ドア掛け式の懸垂バーは、スタンド式よりもスペースを取らない

引用元:Amazon(バランスボディ研究所

ドアかけ式は、スタンド式よりもサイズや重量が小さいです。そのため、部屋が狭い場合や引っ越しが多い方にも扱いやすい懸垂バーだといえるでしょう。

分解せずとも、車で運ぶこともできますね。

メリット② 床に置いてその他の筋トレにも使える

ドアかけ式の懸垂バーも、床に置くことでプッシュアップをはじめとした、懸垂以外の筋トレにも使用可能です。

デメリット① ドアの規格に制限がある

懸垂バーをドアにかける際に、ドアの厚みや、壁とドア枠の段差に一定の制限があります。

そのため、購入しようと思うドアかけ式の懸垂バーとドアとの適合を、しっかり確認しましょう。

デメリット② トレーニングのたびに付け外しをする必要がある

ドアに設置するため、トレーニング後に設置したままにしておくと、日常の通行の妨げになる可能性があります。

すぐに取り外しはできますが、毎回、着けたり外したりするのは面倒です。

手軽に持ち運びをしたい場合は、突っ張り式の懸垂バーがおすすめ

引用元:Amazon(SHIPADO)

突っ張り式の懸垂バーには、次のメリットがあります。

  • 手軽に持ち運びや場所移動ができる
  • 価格が2~3千円程度で比較的に安価

対して、次のようなデメリットがあります。

  • 壁の強度に左右される
  • 壁が損傷する可能性もあるので賃貸には使いづらい
  • 耐荷重が壁の強度に左右されること

安価で手軽に持ち運べるメリットがありますが、家屋の壁が十分に強固であるかを確認する必要があります。

メリット① 突っ張り式の懸垂バーは、比較的に安価

ツッパリ棒式の懸垂バーは、スタンド式やドアかけ式に比べて安価で、2~3千円くらいで手に入ります。

とりあえず、懸垂自体を試してみたい方には、おすすめですね。

メリット② 突っ張り式の懸垂バーは、持ち運びがしやすい

突っ張り式は棒状なので、収納がしやすく、持ち運びもしやすいです。

廊下の壁に設置して、すぐに懸垂ができます。

デメリット① 突っ張り式の懸垂バーは、安定性に不安がある

突っ張り式の安定性は、壁の強度に影響を受けます。

そのため、木造づくりの家屋の場合は、壁が懸垂の重みに耐えられない可能性があるため、注意が必要です。

デメリット② ツッパリ棒式の懸垂バーは、壁を傷める恐れがある

家屋の築年数が古い場合、懸垂をすることで、壁紙がはがれる心配があります。

さらに、木造ずくりの薄いボード壁に懸垂バーを設置すると、壁を損傷する恐れも。賃貸などで、壁に傷を残したくない場合は、ツッパリ棒式の懸垂バーは不向きだといえるでしょう。

 

ひがし
自分に合った懸垂バーのタイプを探す場合、スタンド式、ドアかけ式、ツッパリ棒式の順に、メリットやデメリットを考えて購入を検討するのがおすすめです。
私は、スタンド式を購入しました。
購入したスタンド式の懸垂マシンは、『Motions』。
7,980円というスタンド式の中でも、比較的に安価で購入することができ、気に入っています。
次に、それぞれのタイプ別のおすすめ懸垂バーを3つずつ、ご紹介します。

タイプ別のおすすめ懸垂バー

今回、選択した基準はAmazonレビューの評価★4.0以上です。

ひがし
スタンド式、ドアかけ式、ツッパリ棒式の順にお伝えします。

おすすめのスタンド式懸垂バー

メーカーBangTong&LiSportsroyalsBosClub
参考価格¥13,980¥15,980¥8,980
耐荷重(kg)150180150
懸垂バーの高さ(cm)190~208164~224165~210
足のサイズ(cm)奥行100×幅65奥行100×幅67.5奥行82×幅75
Amazonレビュー評価4.34.34.0

 

スタンド式懸垂バーで、特に注意するべきポイントは寸法です

引用元:Amazon(WASAI)

紹介するすべてのメーカーにおいて、バーの長さ(上の写真では98cm)が100cm近くあります。

そのため、横幅のためのスペースは最低でも100cmが必要です。

つまり、スタンド式を設置する場合は、1m四方(1㎡)のスペースは確保したいところです。

BangTong&Liのスタンド式懸垂バー

参考価格¥13,980
耐荷重(kg)150
懸垂バーの高さ(cm)190~208
足のサイズ(cm)奥行100×幅65
Amazonレビュー評価4.3

赤いレザーの肘当てが特徴的な高級素材を使用した懸垂マシン。つくりも頑丈にできており、懸垂をする際も安心できる安定感です。

懸垂だけでなく、ディプス、レッグレイズ、プッシュアップまで可能です。そのため、広背筋や僧帽筋、腹筋、大胸筋、上腕三頭筋といった幅広い筋肉を鍛えることができます。

ぶら下がり健康法だけでなく、ボディメイクをしたい人にも適した懸垂マシンです。

Sportsroyalsのスタンド式懸垂バー

参考価格¥15,980
耐荷重(kg)180kg
高さ(cm)164~224
足のサイズ(cm)奥行100×幅67.5
Amazonレビュー評価4.3

高さを224cmの高さまで調節できる懸垂マシン。比較した中でも最も高い位置までバーを調節できるため、高身長の人におすすめです。

レッグレイズする際に、肘を置くアームレストは10度傾いた設計になっています。

アームレストが10度傾くことで、レッグレイズの際に肘が滑りにくく安定して筋トレができます。

腹筋を引き締めたい人には、おすすめな懸垂マシンです。

BosClubのスタンド式懸垂バー

参考価格¥8,980
耐荷重(kg)150
高さ(cm)165~210
サイズ(cm)奥行82×75
Amazonレビューの評価4.0

トレーニングチューブがついた懸垂マシンです。トレーニングチューブを引っ張って使うことで、トレーニングのバリエーションも豊富に。

付属のトレーニングチューブは、懸垂マシーンについているフックに引っ掛けて使います。

さまざまな鍛え方ができるので、家族みんなで使える懸垂マシンになるでしょう。

スタンド式の懸垂バーの総評

スタンド式の懸垂バーは、まずはスペースが必要です。

スペースを確保できるのであれば、もっとも安心して使える懸垂バーではないでしょうか。

否定的な口コミとして多いのは、次の2点です。

  • グラつきやすい
  • 部品が足りない

価格が低価格になるに従い、ぐらつきやすいという意見は増えてきます。

そのため、ぐらつきが心配な場合は、口コミを確認しつつ高額で安定したものを購入するといいでしょう。耐荷重の確認もしておきましょう。

スタンドの足の長さも安定感に影響するので、ぐらつかない方がいい場合は、スタンドの足が1mの物を選ぶといいです。

Amazonレビューを見ると、全てのメーカーについて、部品が足りないという意見はあります。
ほとんどの商品は、しっかり部位品がそろっていますが、まれに部品が足りないこともあるようです。
届いた商品に部品が足りない場合は、メーカーに問い合わせて、対応してもらいましょう。

おすすめのドアかけ式懸垂バー

メーカーバランスボディ研究所Smiletopikonfitness
参考価格¥9,900¥5,380¥7,490
耐荷重(kg)110200200
適応ドア幅(cm)65~9370~90
ドア枠の段差(cm)1cm以上1.5~2.0cm以上1.5~2.0
ドア枠厚み(cm)6~1412~2112~21
Amazonレビュー評価4.04.34.5

 

ドアかけ式懸垂バーで特に注意すべきポイントは、ドアの寸法

ドアかけ式を購入する場合、適応ドア幅(内側)、ドア枠の段差(壁と枠の段差)、ドア枠の厚みを確認する必要があります。

メーカーによって、規格が違いますのでご注意ください。

ひがし
適応ドアの寸法は、比較表に記入していますので、参考にしてください。
また、全てのドア掛け式の懸垂バーに当てはまりますが、ドアと壁の隙間が狭いと使えません。
ドア枠と左右の壁までの距離や、ドア枠と天井までの距離にも注意してください。
上の図だと、壁とドア枠との距離が7cm以上は必要になります。

バランスボディ研究所のドアかけ式懸垂バー

参考価格¥9,900
耐荷重(kg)110
適応ドア幅(cm)65~93
適応ドア枠段差(cm)4.0
適応ドア枠の厚み(cm)1cm以上
天井との距離
左右の壁との距離5cm以上
Amazonレビュー評価4.0

日本製のドアかけ式懸垂バーであるため、日本のドアのサイズに合いやすいのではないでしょうか。

さらに、品質マネイジメントシステムの国際規格「ISO9001」を取得している工場で作られているため、品質には安心感があります。

Amazonに掲載してある説明書にも、寸法や適合するドアの規格を詳しく書いてあります。

そのため、購入前に寸法をしっかりチェックすることで、懸垂バーがドアに適合せずに損をしてしまうリスクを大きく減らせる商品です。

Smiletopのドアかけ式懸垂バー

参考価格¥5,380
耐荷重(kg)200
適応ドア幅(cm)70~90
適応ドア枠段差(cm)1.5cm以上
適応ドア枠の厚み(cm)12~21
天井との距離7cm以上
左右の壁との距離7cm以上
Amazonレビュー評価4.3

小さな隙間に入る程度まで、コンパクトに折りたたんで収納できるドアかけ式懸垂バー。

12か月間のメーカー保証がついているため、保証期間以内に故障が生じた場合でも安心です。

 

enkeeoのドアかけ式懸垂バー

参考価格¥4,998
耐荷重(kg)200
適応ドア幅(cm)70~92
適応ドア枠段差(cm)1.5~2cm
適応ドア枠の厚み(cm12~21
天井との距離
左右の壁との距離
Amazonレビュー評価4.5

ドアかけ式の懸垂バーながら、ディップスもできるので、上腕三頭筋や大胸筋のトレーニングができます。

トレーニングチューブもついているので、実践できる筋トレの種類も豊富です。

懸垂だけでなく、ほかの部位の筋トレを行っていきたい人に、おすすめな一台ですね。

アマゾン内の開設には、解説動画もあるので気になる場合は除いてみては?

ドアかけ式の懸垂バーの全般的な口コミ

すべてのドア掛け式の懸垂バーにおいて、次のような否定的な意見が目立ちました。

  • 懸垂バーがドアに合わなかった
  • 懸垂バーで懸垂をするとドアがきしむ音がして不安になった

ドアかけ式は、懸垂バーを安定させるための固定箇所が多いので、ドアのサイズに制限が多いです。

特に、日本と海外のドアの大きさの違いもあります。

日本でドア掛け式の懸垂バーを使う場合に最も適合しやすい懸垂バーは、日本製の『ボディバランス研究所のどこでもマッチョ』といえるでしょう。

また、ドアかけ式を使う場合は、ドア枠の耐荷重も考慮する必要があります。

おすすめのツッパリ棒式の懸垂バー

メーカーSHIPADOMUSCOACHN
参考価格¥3,380¥3,590¥3,680
耐荷重(kg)300160~200200
適応設置幅(cm)短72~93/長92~125短74~95/長95~118短72~97/長93~120
Amazonレビュー評価4.34.04.3

 

ツッパリ棒式の懸垂バーで、確認すべきことは両壁間の距離

引用元:Amazon(Grideto)

壁の突っ張り式の懸垂バーは、それぞれのメーカーごとに長いもと、短いもので2種類が準備されています。

廊下の壁の間の距離を測って、適合するものを選びましょう。

    設置の際に注目する点は、両壁間の距離だけなので、ドアかけ式の懸垂バーよりもサイズが合わないという失敗は少ないでしょう。

引用元:Amazon(Grideto)

壁に対しては、スライド方向の力だけでなく、壁を垂直に押す方向への力が加わる構造になっています。

つまり、壁が懸垂バーで押されても破壊されないほどの強度が必要です。

木造の家や、賃貸住宅などは十分に気を付けたいところですね。

SHIPADOのツッパリ棒式の懸垂バー

参考価格¥3,380
耐荷重300
適応設置幅短72~93/長92~125
Amazonレビュー評価4.3

爽やかな青が特徴的な、ツッパリ式の懸垂バー。ハンドガードは、分解して洗濯することができます。

そのため、黒ずむことなく清潔に使えるため、懸垂バーをきれいな状態に使っていきたい人におすすめな商品です。

取り付けると、壁に垂直圧を加える構造になっており、厚手の滑り止めパッドでバーがずれ落ちるのを防いでくれます。

MUSCOACHのツッパリ棒式懸垂バー

参考価格¥3,590
耐荷重(kg)160~200
適応設置幅(cm)短74~95/長95~118
Amazonレビュー評価4.0

シリコンの広い滑り止めで、懸垂をしてもずれにくい懸垂バー。

グリップパッドが装着された持ち手の部分は、手のひらへの負荷を軽減してくれます。

バーには、懸垂時の安全性を高めるための安全ロックがついています。

Nのツッパリ棒式懸垂バー

参考価格¥3,680
耐荷重(kg)200
適応設置幅(cm)短72~97/長93~120
Amazonレビュー評価4.3

Amazonレビューの中では、120kgで懸垂しても大丈夫だったという感想があり、強度についての評価が高い懸垂バーです。

壁の強度にもよりますが、懸垂バー自体の強度が高いと安心できますね。

ツッパリ棒式の懸垂バーの総評

ツッパリバー式の懸垂バーの否定的な意見で多いのは、壁がへこむ、壁が壊れる、みしみしする、壁紙が傷つくなどの壁の強度に関することです。

ツッパリ式の懸垂バーは、耐荷重が300kgの物もあり、かなり頑丈です。

とはいえ、壁の耐荷重は考慮に入れられていないため、壁の強度には注意する必要があります。

コンクリートの壁であれば、問題はありませんが、木造の家は注意が必要です。

木造の家の場合、壁の内側に柱が通った箇所に懸垂バーを設置しないと、壁がへこんだり、壊れたりなどのトラブルとなります。

まとめ

懸垂バーを購入する場合は、スタンド式の懸垂バーを置くスペースがあるのであれば、まずはスタンド式を検討した方がいいです。

なぜなら、安全面や安定性ともにスタンド式がもっとも、高いからです。

スタンド式を置くスペースがない場合は、ドアかけ式かツッパリ棒式の懸垂バーを選択するといいでしょう。

それぞれの懸垂バーには、以下の注意点があります。

スタンド式の注意点

  • 値段に比例して重厚感や安定感がアップする
  • スペースを確保する(1㎡)

 

ドア掛け式の注意点

  • ドアの寸法をしっかりと確認する
  • ドア枠の強度やドアの周辺の壁の強度を確認する

 

突っ張り棒式の注意点

  • 壁の強度を確認する(特に木造は、注意が必要)

 

懸垂バーの使い方は、懸垂だけでなく、肩こりや腰痛に効果的なぶら下がり健康法としての使い方もあります。

今回の記事を、参考にして最適な懸垂バーを見つけてみてください。

Amazonで懸垂バーを検索する

>ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

YouTubeでも健康情報配信中です

役に立つストレッチ・メンタルケア・健康の考え方などをお伝えしています。