【初心者向け】ブログ用のペルソナの作り方|アクセス数を増やせるペルソナ設定の手順

ブログにおけるペルソナとは、想定読者のことです。サイトのアクセスを増やすには、ペルソナ設定が効果的です。

とはいえ、ペルソナに関して、次のような悩みや疑問を抱えていませんか?

そもそも、ペルソナってなに?

ブログを書くのに本当にペルソナは必要なの?

初心者でもできるペルソナの作り方を知りたい

読まれるブログにするためには、ペルソナ設定が必要。とはいえ、初心者には難しいのが難点です。

そこで、初心者でも簡単にできるペルソナの作り方をお伝えします。

ひがし
私は簡単なペルソナ設定で、ホームページのアクセス数を大幅に伸ばした経験があります。

本記事を読むと次のことが分かります。

  • ブログでペルソナを作る前に知っておきたいこと
  • ブログでペルソナを作るメリット
  • ペルソナの作り方
  • 設定したペルソナがブログ読者として適しているかを確認する方法

ブログ記事に適したペルソナの作り方を知りたい人は、この記事をご覧ください。

ブログでペルソナを設定する3つの意味

ブログでペルソナを設定する3つの意味

ブログを書く前にペルソナを設定する意味は次の3つです。

  • 読者が共感できるたとえ話を持ち出しやすい
  • 言い回しや言葉遣いを読者に合わせやすい
  • 読者の知識に合わせた情報提供ができる

ペルソナを設定すると、読者目線でブログ記事を書くことができます。

結果的に、ペルソナに似た属性の読者が、自分のことのようにブログを読んでくれるのです。

読者がブログを真剣に読んでくれるようになり、ブログの評価も高くなります。

ひがし
とはいえ、ペルソナを作ろうと思っても難しく感じてしまう人も。そんな人に、次のことを伝えたいです。

ブログ用のペルソナを作る前に知っておきたいこと

ブログ用のペルソナを作る前に知っておきたいこと

ここではペルソナを作る前に知っておきたいことをお伝えします。

初心者でも簡単にペルソナを作るための考え方がわかりますので、どうぞ参考にしてください。

まずは、ペルソナの意味を明確にしましょう。

ペルソナとは

ペルソナとは企業の商品やサービスのユーザー像を表すマーケティング用語です。ブログの場合は、想定読者にあたります。

ブログを読んでもらうには、ペルソナを設定する必要があります。とはいえ、ブログの内容に適したペルソナを設定するには、マーケティングの知識が必要です。

そのため、ブログの初心者がいきなり、企業や専門家が使うような本格的なペルソナを使いこなすのは難しいことでしょう。

ところで、ペルソナとターゲットの違いはご存じでしょうか?。ペルソナの作り方を学ぶために、ターゲットとの違いも理解しておく必要があります。

ひがし
以降ではペルソナとターゲットの違いを詳しく説明します。

ペルソナとターゲットの違い

ペルソナはターゲットを詳しくしたものです。つまり、ブログの場合だと、ペルソナは詳細に設定された想定読者。対して、ターゲットは簡単に設定された想定読者となります。

通常のペルソナは、名前や年齢、職業、人生観やライフプランなど実にさまざまなことを想定読者として設定するのです。

対して、ターゲットは「40代の男性会社員」「20代東京在住のOL」といったアバウトな設定をします。

今回、お伝えするペルソナの設定はターゲットとペルソナの両方を上手く使い分けます。

次に、ペルソナの作り方を2パターンお伝えします。

ひがし
今回は2パターンのうちの片方を使うことになりますので、まずは両者の違いを理解してください。

サイト全体とブログ記事のペルソナ設定の違い

ここでは、「サイト全体のペルソナ」と「ブログ記事のペルソナ」の2パターンの設定を解説します。

サイト全体のペルソナ

サイト全体でペルソナを設定する場合は、本格的な設定をする必要があります。

つまり、以下の内容について細かく設定するのです。

氏名・年齢・性別・職業・家族構成・住んでいる地域・役職・年収・職業・趣味・価値観・ライフスタイル

企業や専門家がコンテンツマーケティングを行う場合は、詳細にペルソナを設定してコンテンツを利用してくれるブログの読者を決めるのです。

そうすることで、サイトを利用してくれるコアなファンを獲得することができます。コアなファンは、商品やサービスを購入してくれます。

とはいえ、サイト全体のペルソナを設定する場合、専門的なマーケティング知識による詳細な調査と分析が欠かせません。

なぜなら、サイト全体に関わるペルソナを間違えてしまうと、大きな打撃を被ってしまうからです。

ブログ記事ごとのペルソナ

ブログ記事ごとにペルソナを設定する場合は、詳細な設定は必要がなく23行程度の想定読者にまつわるストーリーを考えると良いです。

たとえば、美容室のお客さんをペルソナとして考える場合は次のようになります。

ペルソナの例
最近、引っ越してきた32歳の女性。引っ越してきたばかりで、まだどこの美容室に行こうか決めていない。賑やかな美容室よりも、静かな美容室が好み。どこか良いところがないかと思ってインターネットで検索。

サイト全体が幅広い内容を伝えるのに対して、個別のブログ記事で伝えられる内容は限られます。

そのため、ブログ記事のテーマをあらかじめ絞っておけば、そのテーマに合わせたペルソナの背景や悩み、希望を設定するだけで済むのです。

初心者はターゲットとペルソナを使いわける

初心者の場合、サイト全体で設定するような本格的なペルソナを作り上げるのが難しいことでしょう。

そこで、サイト全体にはターゲットを設定して、個別のテーマを扱うブログ記事ではペルソナを記事ごとに設定してみてはいかがでしょうか。

つまり、サイトの利用ユーザーの年齢や性別の傾向を大まかに決めておいて、サイトを訪れる個別のユーザーに向けてブログ記事を書くようなイメージです。

ひがし
次に、具体的なペルソナの作り方をお伝えします。

ブログのペルソナを設定する手順

ブログのペルソナを設定する手順ここでは、ブログのペルソナの作り方の手順をお伝えします。

1.サイト全体の想定読者を簡単に決める

まずは、サイト全体のターゲットである想定読者を決めましょう。年齢や性別、学生か社会人かといったことを簡単に決めてください。

店舗の集客用ブログを書く場合は、すでに店舗に来ているお客さんの年齢層や性別をターゲットにすると良いでしょう。

ブログ記事のターゲットは、誰にブログを読んでもりたいかを考えて設定すると良いです。

ひがし
以降では、ブログ記事のペルソナ設定を解説します。

2.上位表示させたいキーワードを選ぶ

まずは、上位表示させたいキーワードを選びましょう。サイトのテーマに合うようなキーワードを選ぶと良いです。

たとえば、ブログの運営についてのサイトであれば、「ブログ 書き方」と設定。美容室のホームページであれば、「シャンプー 方法」などと決めると良いです。

キーワード選定は、ツールを使って調べるのがおすすめです。

以下の記事ではキーワード選定の方法を詳しく解説していますので、参考にしてください。

関連記事

ブログを検索結果に上位表示させるためには、上位表示させたいキーワードを選定しなければなりません。とはいえ、次のような疑問や悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。 キーワード選定はどうやればいい? そもそも、キーワード[…]

【初心者向け】キーワード選定の方法を分かりやすく解説|2つの無料ツールを使いこなそう

3.身近な人物や過去の自分をペルソナとして設定できないか考える

キーワードが決まったら、身近な人物か過去の自分がペルソナに設定できないかを考えてみてください。

店舗の集客用ブログであれば、既存のお客さんをペルソナにしても良いです。

ノウハウ系の記事であれば、過去の自分に対して記事を書いてみるのも良いでしょう。

実在の人物や過去の自分がペルソナとして設定できない場合は、架空の人物を作り上げてください。

年齢や性別、キーワードと関連する趣味や職業など設定内容は簡単なものでかまいません。

4.ペルソナが検索を実行するまでの背景や悩みをイメージする

次に、ペルソナが検索を実行するまでの背景や悩みをイメージしてください。あくまでもイメージすれば良いので、実際の人物がペルソナであっても架空のストーリーを作り出せばよいです。

どういった悩みがありなにが知りたくてインターネット検索をするのかも、具体的に書いてみましょう。

ひがし
前項の美容室のペルソナの例も参考にしてください。

5.キーワードで検索して上位表示されている記事を確認する

ペルソナが完成したら、上位表示させたいキーワードで検索してみましょう。検索の結果、上位表示されている記事は、検索ユーザーの悩みや疑問を解決できる記事です。

つまり、ユーザーの検索意図を満たす記事だと言えます。検索意図とはユーザーが検索する目的のことです。検索意図を調べることで、設定したペルソナに間違いがないのかを確認することができます。

もし、ペルソナの悩みと検索意図が違っている場合は、改めてペルソナを設定しなおしてください。

検索意図について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください。

関連記事

検索結果に自分のブログが上位表示されるには、正しく検索意図を推測することが必要不可欠です。とはいえ、なかなか上手く行かない場合も。次のような悩みを抱えていませんか? 検索結果で上位表示がなかなかできない そもそも[…]

検索意図は2つの検索法と2つのキーワードで考える!ブログが読まれるようになる秘訣を大公開!

ペルソナがブログ読者として適していたかを確認する方法


ブログ投稿後は、ペルソナがブログ読者として適していたかを確認すると良いでしょう。

そして、実際の検索ユーザーとペルソナが一致するように修正すると、より確実にホームページのアクセス数を伸ばすことができます。

ここでは、ペルソナの答え合わせをしてホームページのアクセスを伸ばす方法を紹介します。

3か月後に順位検索ツールで確認

ブログ記事の公開から3ヵ月後にGRCやランクトラッカーという検索順位の分析ツールを用いて、ブログの検索順位を調べてください。

また、検索順位を調べた際に検索順位が低すぎると、順位が表示されません。たとえば、GRCのGoogle順位は100位までしか表示されません。

100位以上を表示圏内、101位以下を表示圏外と表現します。

調べた結果、検索順位が上位にあるほど、検索ユーザーの検索意図を満たしたブログ記事だと言えます

GRCはこちら

Rank Trackerはこちら

順位に応じてブログ記事をリライトする

リライトとは、ブログ記事を改善するために書き直すことです。

検索結果の順位が圏外にあれば、検索ユーザーの検索意図を満せていない可能性があります。そのため、再びペルソナと検索意図を考え直した方が良いでしょう。

ブログ記事のリライトをするよりは、新しくブログを作り直した方が良いです。

対して、順位が圏内の状態にあれば、ブログ記事は検索ユーザーの検索意図は満たしている可能性があります。よって、既存のブログ記事を改善する程度で良いでしょう。

まとめ:初心者でもできるペルソナ設定で読まれるブログ記事を書こう

ペルソナ設定をすることで、読者の心に刺さるブログ記事を書くことができ、サイトのアクセス数アップが期待できます。

とはいえ、初心者にとってペルソナを正しく設定するのは、容易なことではありません。

そこで、初心者には簡単にできるブログ用のペルソナ作りがおすすめ。

初心者がペルソナを作る前に知っておきたいことは、以下の通り。

  • ペルソナはターゲットを詳しくしたもの
  • サイト全体のペルソナは複雑でブログ記事ごとのペルソナは簡単
  • サイト全体はターゲットを設定して、ブログ記事は簡単なペルソナを設定する

以上を踏まえると、初心者でも迷うことなくペルソナ設定ができます。

そして、具体的なペルソナの作り方は、以下の通りです。

1.サイト全体のターゲットを決める

2.上位表示させたいキーワードを選ぶ

3.身近な人物や過去の自分をペルソナとして設定(できない場合は架空の人物を作る)

4.ペルソナが検索を実行するまでの過程や背景をイメージする

5.上位表示させたいキーワードの検索意図を調べる

6.ペルソナ設定が合っているかを確認する

さらにブログ記事を公開してから3ヵ月後に、ペルソナがブログ読者として適していたかを確認すると良いでしょう。

確認後にブログ記事をリライトしたり作り直したりすることで、より検索ユーザーの意図に合わせたブログに仕上げることができます。

結果的に、サイトへのアクセスアップにつながりますので、3ヵ月後の確認作業はおすすめです。

ここで、紹介したペルソナの作り方を使って、ぜひサイトのアクセスアップを目指してください。

ひがしライティング事務所では、以下のお仕事を受け付けています。

  • SEOブログ記事の作成【有料】
  • SEOブログ記事の個別レクチャー【無料】
  • サーチコンソールを使ったブログ記事のSEOリライトのコンサル【無料】

SEOに強い検索ユーザーに読まれる記事を作成したい人は、ぜひご相談ください。

お申し込みやお問い合わせはこちら