初心者はクラウドワークスで稼げる?提案文やポートフォリオの作り方を徹底解説!

クラウドワークスには無料で登録できるため、初心者でも気軽に副業を始められます。

しかし、登録した人の中には、次のような疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。

「クラウドワークスは、ぜんぜん稼げない…」

「クラウドワークスで初心者でも稼げる方法は?」

そこで今回は、筆者の経験をもとに、初心者がクラウドワークスで稼ぐ方法を詳しく解説します。

ひがし
Webライターのヒガシです。
僕はクラウドワークス開始後、約4ヵ月間の副業で約9万円を稼げました。

本記事では、クラウドワークスで稼ぐための提案文の書き方やポートフォリオの作成例を紹介します。

さらに、初心者が失敗しないための注意点もお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

「クラウドワークス」の公式ホームページ

 

目次

クラウドワークスとは?

引用元:クラウドワークス

クラウドワークスは、仕事を受注したいワーカーと仕事を発注したいクライアントをマッチングしてくれるインターネットサービスです。

クラウドワークスに登録した人は、ライティングや動画編集、プログラミング、データ入力などさまざまな分野の仕事を請け負えます。

また仮払い方式が採用されているため、仕事完了後にクライアントから報酬を支払ってもらえないトラブルも回避可能です。

ここでは、クラウドワークスの始め方や仕事内容について解説します。

 

クラウドワークスの始め方

クラウドワークスを開始して、報酬を獲得するまでの流れは次の通りです。

  1. クラウドワークスに登録する
  2. プロフィールを書く
  3. 公募されている案件に応募する
  4. 仕事の依頼を受ける
  5. サービスや商品を納品する
  6. 報酬を獲得する

クラウドワークスを利用するには、まずはメールアドレスや名前を入力して、会員登録する必要があります。

次に、プロフィールに自分の経歴やアピールポイントを書きます。プロフィールに書く内容は自由に決められるため、自分の長所を積極的にアピールすると良いでしょう。

公募案件には、短時間で仕事を完了できるタスク形式とある程度の期間を要するプロジェクト形式があります。

さまざまなジャンルの案件がありますので、自分の特技に合わせて仕事を選べるのが魅力です。

案件を請け負った後は、サービスを提供したり、商品を納品したりすると報酬を獲得できます。

獲得した報酬を手にする場合は、クラウドワークスに申請をすると、登録した銀行口座に振り込まれます。

 

クラウドワークスの仕事内容

クラウドワークスで公募中の案件には、次のジャンルがあります。

  • Webライティング
  • データ入力
  • 動画編集
  • プログラミング
  • イラスト作成
  • システム開発

以上のジャンル以外にも、さまざまな案件が公募されているため、自分のスキルを生かせる仕事にも出会えるでしょう。

特に初心者でも取り組みやすいのが、Webライティングやデータ入力、動画編集などの案件です。

ひがし
僕は、Webライターとしてクラウドワークスで活動しました。
そこで以降では、僕のWebライティング案件にチャレンジした経験を踏まえて、稼ぎ方をお伝えします。

クラウドワークス初心者はWebライターでいくら稼げるのか?

初心者時代の筆者がクラウドワークスで、Webライターの仕事を4か月間続けて稼いだ額は、次の通りです。

年月月間の報酬額
2020年12月2,574円
2021年1月37,925円
2021年2月 20,924円
2021年3月35,023円
合計96,446円

クラウドワークスに登録してから、2か月目以降は2~3万円くらいで安定して稼げました。

初心者でもある程度の収益を残せたのは、提案文やポートフォリオの作成が成功したからだと考えています。

ひがし

ちなみに僕は、他のクラウドソーシングサイトでも活動していました。

3つのクラウドソーシングを使って戦略的に稼ぐ方法を知りたい人は、次の記事も参考にしてください。

関連記事:クラウドソーシングでWebライターは稼げる?約100万円を稼いだ経験からコツを解説!

 

初心者Webライターが感じたクラウドワークスのメリット

ひがし
ここでは、初心者Webライターが感じたクラウドワークスのメリットを3つお伝えします。

報酬以外にもクラウドワークスで仕事をするメリットがありますので、参考にしてください。

 

Webライターとしての実績を積める

クラウドワークスのメリットは、Webライターの案件数が豊富なため、実績を積みやすいことです。

2021年10月20日時点のWebライティングの案件数は、同じクラウドソーシングサイトのランサーズが803件だったのに対し、クラウドワークスは2,578件でした。

同じクラウドソーシングサイトよりも3倍以上も案件数が多いため、仕事を獲得しやすく、Webライターとしての実績も積みやすいと考えられます。

 

Webライティングの勉強になる

クラウドワークスで受注できる案件には、Webライティングの勉強になるものが多数存在します。

たとえば、レギュレーションやマニュアル付きの企業案件は、初心者がWebライティングを学ぶのにおすすめです。

クライアントが提示するレギュレーションに沿って記事を作成すると、Webライティングのスキルを高められます。

ひがし
レギュレーションとは、Webメディアの記事の構成や書き方を統一するためのライティングのルールのこと
Webライティングの基本が分かりやすく書かれている場合もあり、自然とライティングの基本が身に付く優良なレギュレーションも存在します。

初心者用の案件もある

クラウドワークスには、初心者でも応募しやすい案件が豊富にあります。案件詳細のステータス欄には「求めるレベル」という項目があります。

そこには「初心者」や「経験あり」、「プロ」など案件に適したレベルが掲載されており、初心者向きかどうかが分かるようになっているのです。

初心者でいきなりハイレベルな案件に取り組むのが不安な場合は、初心者用の案件を狙って応募すると良いでしょう。

クラウドワークスの初心者歓迎の案件は、以下のページを参考にしてください。

クラウドワークスの初心者OKの案件一覧

 

クラウドワークスでWebライター初心者が稼げない理由

クラウドワークには魅力あるメリットが多い一方で、初心者だと稼げないといった悩みも聞かれます。

ここでは、稼げなかった筆者の経験を踏まえて、初心者が稼げない理由についてお伝えします。

 

魅力を感じないプロフィールの書き方をしている

初心者がクラウドワークスでうまく稼げていない場合、クライアントが魅力を感じるようなプロフィールになっていない可能性があります。

クライアントが魅力を感じないプロフィールとは、過去の経歴をそのまま載せているだけであったり、初心者であることをアピールしたりするような内容です。

一方で、クライアントにとってのメリットが書かれたプロフィールだと、案件を依頼されやすくなります。

 

提案文でアピールできていない

提案文とは、案件に応募する際にクライアントに送るメッセージのことです。
クライアントが応募者の詳細を知るための情報源であるため、提案文でしっかりとアピールをしないと仕事を獲得できません。
提案文の書くべきポイントを押さえておくと、クライアントに効果的にアピールでき、仕事の依頼を受けやすくなります。
ひがし
提案文に書くべきことは、こちらで解説します。

ポートフォリオがない

単価が0.1円~0.5円程度の案件だとポートフォリオがなくても採用されることもあります。しかし、低単価の案件を受けてばかりでは、なかなか稼げるようにはなりません。
そこで、稼げるようになるには1円以上の案件にチャレンジする必要があります。1円以上の案件で仕事を獲得するには良質なポートフォリオが必要です。
なぜなら1円以上の案件は競争率が高く、ポートフォリオを提示するライバルのWebライターが増えるからです。
良質な記事を求めるクライアントは、ポートフォリオを提示した実績のあるライターに仕事を依頼します。
要するに、ポートフォリオがないと他のライターとの競争に負けてしまい、文字単価1円以上の案件を獲得しづらくなるのです。
ひがし
初心者が稼げない理由が分かりましたので、以降では対策について解説します。

クラウドワークスでおすすめのプロフィールの書き方

スカウトをもらえるプロフィールの書き方

筆者はクラウドワークスでスカウト案件を、獲得した経験があります。スカウトで仕事を依頼されるには、プロフィールで自分をうまくアピールする必要があると考えています。

ひがし
プロフィールには、次の内容を盛り込むと良いでしょう。
プロフィールの項目内容
冒頭自分が持つスキルや特徴、クライアントにとってのメリットを書く
自己紹介クライアントのメリットを含めて書く
経歴職歴をさらっと書く
資格ライティングとは関係ない資格も書く
実績例過去に書いたライティングの内容

自分のブログ運営も書く

得意な業務ライティング、ジャンル
活動時間1週間にどれくらい活動できるのか

初心者Webライターは無理にプロフィールを充実させる必要はありませんので、できる範囲で書いてみてください。

実績が増えるに従い、プロフィールに書く内容も増やしていくと良いでしょう。

ひがし

初心者の内は、プロフィールよりも次に紹介する、提案文の方が重要です。

ぜひ、チェックしてください。

プロフィールの書き方についてはさらに詳しく知りたい場合は、次の記事を参考にしてください。

参考記事:初心者Webライターはプロフィールに何を書く?依頼される文例や自己PR方法を解説!

 

初心者でも稼げる提案文の書き方

提案文はクライアントが仕事の依頼先を選定する際に、必ず参考にする重要な文章です。

初心者であっても、プロのWebライターと同じような意識を持って積極的に自分のスキルをアピールしてください。

提案文を書くときのポイントは次の通りです。

  • テンプレートではない文章を心がける
  • 応募した理由を書く
  • 募集要項に合わせた文章を書く
  • クライアントにとってのメリットを書く
  • ポートフォリオを載せる

各項目について詳しく解説します。

なお、以下の記事ではサンプルや文例を交えて、提案文の書き方を詳しく解説しています。より詳しい提案文の書き方を知りたい人は、参考にしてください。

関連記事:初心者Webライターが仕事を取れる提案文の書き方|現役ライターの提案文サンプルも公開!

 

テンプレートではない文章を心がける

クラウドワークスの提案文には、テンプレートを保存できる機能があります。しかし、すべての文章をテンプレートにしてしまうと、クライアントが提案文に魅力を感じてくれません。

テンプレート機能は一部で使うことにして、前半部分は案件に合わせた文章を丁寧に書くようにしましょう。

 

応募した理由を書く

冒頭部分に、応募した理由を書くのも効果的です。

応募した理由を書く場合は、案件に自分が適している理由や、クライアントがメリットを感じるような理由を書くようにすると良いでしょう。

たとえば、次のような言い回しを試してみてください。

  • 「~の資格を持っており〇〇な記事が書けるため、応募しました。」
  • 「~の実績を生かせるため、応募しました。」
  • 「私の~についての経験でお役に立ちたいため、応募しました。」

以上のような言い回しで冒頭の文章でクライアントにアピールすると、提案文に興味を持ってくれ、文章を読み進めてくれるでしょう。

 

募集要項に合わせた文章を書く

クライアントが提示した募集要項をくみ取った文章を書くようにしましょう。つまり、まずはクライアントが募集要項で書いてあることに答えることが大切です。

たとえば、【応募方法】や【応募時のお願い】【納期】などにはしっかり目を通して、募集要項で尋ねられていることには提案文の前半で答えるようにしてください。

ひがし
重視するスキルや応募の条件を挙げているクライアントは多いため、募集要項はしっかり読むと良いですよ。

クライアントにとってのメリットを書く

クライアントが「重視していること」や「応募の条件」をあまり書いていない場合は、自分からクライアントにとってのメリットを伝えましょう。

たとえば、次のような内容がおすすめです。

  • 「連絡をいただいたら、少なくとも6時間以内にはお返事します。」
  • 「分かりやすく論理的な文章を書くのが得意です。」
  • 「記事の品質には気を配っているため、納品前には記事を3回は見直すことにしています。」

以上のような、メリットはほとんどのクライアントが求めていることなので、しっかり伝えると効果的です。

さらに、案件に生かせる資格やスキル、経験があると、さらに魅力的なアピールの仕方をできます。

たとえば、次のような表現で、クライアントのメリットに結び付けて資格をアピールすると良いでしょう。

「〇〇の資格があるため、専門の知見に基づいた記事を一般の方にもわかりやすく書けます。」

自分のスキルをクライアントのメリットに落とし込むことが重要です。

 

ポートフォリオを載せる

クライアントの多くが、ポートフォリオの提出を求めてきます。ポートフォリオというのは、過去に書いた記事のことです。

クライアントはポートフォリオを見て、文章力や知識を判定するため、案件の内容に近いポートフォリオを提出するのが理想です。

もし、ポートフォリオがない場合は、自分のブログ記事を提出したり、Googleドキュメントなどでポートフォリオを作っておいて提出したりするのも良いでしょう。

ポートフォリオは求められていなくても提出すると、1円以上の案件でも依頼を受ける確率を高められます。

次に実績がなくても魅力的なポートフォリオを作る方法をご紹介します。

 

実績がない初心者Webライターはポートフォリオを作ってみよう

ライターの実力を測るために、提案文へのポートフォリオ掲載を求めるクライアントは多いです。

クライアントの希望に沿うためにも、ポートフォリオを準備しておくと良いでしょう。質の高い魅力のあるポートフォリオを作る手順は次の通りです。

  • 希望のジャンルの知識を身に着ける
  • 希望のジャンルのSEO記事を書く
  • 提案文にポートフォリオを掲載する

 

希望のジャンルの知識を身に着ける

自分が記事を書きたいジャンルについての知識不足の場合は、まずは知識を増やしましょう。

たとえば、本を1~2冊読んだり、YouTubeやネット検索で調べてみたりするがオススメです。

ひがし
本を読む場合は、図書館を利用するのもおすすめですよ。

希望ジャンルのSEOライティングで記事を書く

知識が身に付いたら、希望のジャンルのSEO記事を書いてみてください。記事を書く際は、SEOを意識してライティングをするのがおすすめです。

なぜなら、クライアントの中にはSEOの知識がある人にライティングを依頼したい会社が多いからです。

 

提案文にポートフォリオを掲載する

ポートフォリオ用の記事が完成したらクライアントに披露しましょう。

「ポートフォリオとして記事を書きましたので、選考の際の参考になさってください。」といったニュアンスの文章を添えて紹介すると良いでしょう。

ひがし
ポートフォリオはGoogleドキュメントに書いても問題ありません。

筆者は以前、Googleドキュメントのポートフォリオを提案文に掲載して、クラウドワークスの文字単価1.0円以上の案件を獲得したことが何度もあります。

手軽にポートフォリオを作成したい場合は、Googleドキュメントをお試しください。

ポートフォリオについては、経歴やプロフィール、過去に執筆した記事を掲載するような凝った作り方もあります。

次の記事では、現役ライターが実践する本格的なポートフォリオの事例を紹介していますので、参考にしてください。

関連記事:Webライターのポートフォリオには何を書く?6名を調査した結果から書き方を徹底解説!

初心者がクラウドワークスを利用する時の注意点

初心者がクラウドワークスを利用するときに注意すべきことは、以下の通りです。

  • 文字単価が低すぎる案件は避ける
  • 評価が低いクライアントの案件は避ける
  • 他の仕事を紹介されても無視をする
  • 納期に余裕がない案件は避ける
  • 仮払いが済んでから仕事を始める

それぞれ詳しく解説します。

 

文字単価が低すぎる案件は避ける

文字単価が低過ぎる案件とは、0.1や0.2円といった案件です。単価が低過ぎる案件を受けると、時給換算にして100円にすら届かない可能性があります。

たとえば仮に、10時間をかけて10,000文字を書きあげても1,000円にしかならないのです。

初心者の場合は、さらに執筆時間がかかることも予想されるため、報酬が低過ぎて精神的に消耗します。

案件を引き受ける場合は、最低でも0.5円の案件にして、できる限り1.0円の案件にチャレンジするようにしましょう。文字単価1.0円であれば、副業でも月収5万円以上が可能です。

副業でも月収5万円になるための条件について詳しく知りたい人は、次の記事も参考にしてください。

関連記事:Webライターの始め方を9ステップで解説|未経験から副業で5万円を稼ぐ条件も公開!

 

評価の低いクライアントの案件は避ける

評価の低いクライアントの案件は避けた方が無難です。クライアントの評価をチェックするためにも、案件だけではなくクライアントの詳細も確認するようにしましょう。

クラウドワークスの場合は、案件のページを開くと上方にクライアント名が表示されます。

そのクライアント名をクリックすると、案件を依頼するクライアントの詳細を見られるのです。評価と一緒に過去に仕事を引き受けた人のレビューもチェックしておくと良いでしょう。

 

案件以外の仕事は引き受けないこと

クライアントの中には、公開した案件を破棄することを前提で初心者を募り、別の仕事を依頼する者もいます。

「案件の募集は終了したので、新しい仕事を紹介します」といったニュアンスの文章で別の仕事を受けるように誘導してくるのです。

中には、LINEに登録するように促すクライアントもいますので、依頼を引き受けないように注意しましょう。

案件の内容と異なる仕事を紹介された場合は、トラブルを避けるためにも断ることをおすすめします。

 

納期に余裕がない案件は避ける

初心者の場合、納期に余裕がない案件は避けるようにしましょう。たとえば、納品まで2~3日しかないような案件は、初心者だと間に合わない場合があります。

納期に間に合わないと、クライアントから低評価を受けて、後のクラウドワークスでの活動にも影響しますので注意してください。

初心者の場合は、納期が1週間以上の余裕のある案件が望ましいでしょう。

 

仮払いが済んでから仕事を始める

仕事の開始は、仮払いが済んでからにしましょう。クラウドワークスの運営からも、注意点として仮払いが済んでから仕事を始めるように伝えられます。

しかし中には、仮払いが済んでいないのに仕事を始めるように仕向けるクライアントもいます。

仮払いが済んでいないのに仕事をするようにクライアントから言われた場合は、「仮払いが完了したら、仕事を開始する」ことを伝えましょう。

中には、テストライティングだと仮払いなしで始めるのが普通だと勘違いする初心者の方もいらっしゃいます。

テストライティングでも通常と同じく仮払いが済んでから、仕事を始めるようにしてください。

 

クラウドワークス初心者は良質な提案文とポートフォリオで稼げるようになろう

クラウドワークスは、仕事を受注したい人と仕事を発注したいクライアントをマッチングしてくれるインターネットサービスです。
クラウドワークスで初心者Webライターが稼げない理由は、次の通りです。
  • 魅力を感じないプロフィールの書き方をしている
  • 提案文でアピールできていない
  • 良質なポートフォリオがない

中でも、提案文とポートフォリオは仕事を依頼してもらう上で重要です。文字単価1.0円以上の案件を獲得したい場合は、提案文とポートフォリオをしっかりと作り込みましょう。

今回は、提案文の書き方やポートフォリオについて詳しく解説しましたので、参考にしてください。

提案文とポートフォリオを作り込めば、初心者でもクラウドワークスで稼げるようになりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

クラウドワークスに登録していない人は、まずは無料で登録してみてくださいね。