30代で「自分には何もない」場合はどうすればいい?巻き返した筆者の経験をもとに解説

30代で自分にはないと気づいたり、キャリアが無いと感じたりすると、「これから、どうしよう」と落ち込むこともありますよね。

そのような人は、この記事を参考にして新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、筆者は30代にして職歴に一貫性がないことで、自分には何もないと感じた時期がありました。

それでも今では、何もないなどと考えずに、立ち直って楽しく暮らしています。

自身の経験をもとに何もない状態から立ち直る方法を紹介しますので、参考にしてください。

ひがし

ヒガシです。

今は、Webライターとして新しいことにチャレンジしています!

30代で自分には何もないと思う理由

そもそも、なぜ30代で自分には何もないと思うのでしょうか?

ひがし
筆者は次のような状態になると、30代には何もないと感じられるようになると思っています。
  • 仕事に失敗し続けているから
  • めぼしい資格がないから
  • 職歴に一貫性がないから

転職に失敗し続けているから

転職に失敗し続けると、自尊心を傷つけられて、自分には何もないと感じられるかもしれません。

転職の失敗には、そもそも就職できない場合と転職後に仕事になじめない場合が考えられます。

また自分は何がしたいのかわからない場合も、就職活動や仕事へのモチベーションを保てずに、自分が嫌になることもありますよね。

ひがし
夢や希望を持てないのも、つらいものです。

資格を持っていないから

資格を持っていないと、周囲から能力が無いと見られているように感じてしまい、自信を保てなくなります。

資格は自分の能力やスキルを示すステータスの1つですよね。

実際に資格を持っている人は、面接で自分から資格をアピールします。

また、面接官から資格について尋ねられることも。

ひがし
国家資格や有名な民間資格を持っていると、自信を持てるかもしれません。

職歴に一貫性がないから

職歴に一貫性がないと、自分には何もないと感じるかもしれません。

ひがし
筆者も職歴に一貫性がないことで、自分には何もないと感じた時期がありました。
職歴に一貫性がないと、就職の際に自分の強みをアピールしづらくなります。
また結局は自分が何をやりたいのかがわからなくなり、将来にも希望が持てなくなる場合もあるでしょう。
筆者の場合は、自営業がうまくいかないときに、自分の職歴に一貫性がないことに絶望した経験があります。
現状や将来に不安があったから、職歴に一貫性がないことが急に気になったのかもしれません。

自分に何もない場合は今から挑戦すればいい

自分に何もないと感じる場合は、今から挑戦して、自分の強みやキャリアを積み上げてみてはいかがでしょうか。

30代からでもやり直せますし、仮に失敗しても大丈夫です。

ひがし
失敗したら、またやり直せばいい
筆者は挑戦するモチベーションを維持したいときは、カーネルサンダース氏のことを思い出します。
カーネルさんの代表的なエピソードは次にとおり。
  • 40歳のときにカフェを立ち上げる
  • 65歳で無一文になる
  • 1010回のレストラン営業で、やっとフライドチキンの契約を獲得する

参考:KFC公式ホームページ

ひがし
これ、すごくないですか?
このエピソードを思い出すたびに、筆者は30代や40代で何もなくても、一から頑張ろうと思えます。
でも、そもそも自分のやりたいことがわからないと挑戦できませんよね。
次に、自分のやりたいことを見つける方法を紹介します。

30代で自分のやりたいことを見つける方法

自分のやりたいことを見つける方法は次のとおり。

  • やってみたいことを書きだす
  • 本を読む
  • 仕事以外の時間を持つ
ひがし
筆者が効果を実感できた方法を紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

やってみたいことを書きだす

やってみたいことを書きだすと、頭の中を整理できるので、思いがけない自分のやりたいことを見つけられるかもしれません。

やりたいことを書きだす際は、趣味や目標、自分が望む未来、行きたいところ、ライフスタイルなど仕事に限定せずに書き出してみることをおすすめします。

ひがし
何が自分の特技につながるか分からないから、いろいろ書き出してみてください。

本を読む

読書をして新しい知識や考え方を取り入れると、やりたいことを見つけられるかもしれません。

ひがし
筆者が個人的にオススメする本はコレ

筆者は5年前(35歳のころ)に「仕事は楽しいかね」をオーディブルで3回くらい聞きましたが、未だに印象に残っています。
実例を交えて、試してみることの大切さを説く本です。
自分が何をしたいのかわからない場合は、ぜひ読んでみてください。
\オーディブルに興味があればどうぞ/

仕事以外の時間を持つ

仕事以外の時間を持つと、ふとしたときに新しいアイデアが見つかり、やりたいことが見つかるかもしれません。

筆者のオススメは、運動の時間を設けること。

少し息が切れるくらいに体を動かすと、頭の中がスッキリして脳の回転が速くなります。

普段は運動をしていない人は、早歩きのウォーキングからはじめてみてください。

ひがし
時間と予算を確保できる場合は、旅行に出かけて日常を離れてみるのもいいですね。

自分のやりたいことを見つける際の注意点

自分のやりたいことを見つける際は、次の点に注意しましょう!

  • 高額セミナーに申し込まない
  • 少しずつはじめる
  • 他人と比較しない

高額セミナーに申し込まない

高額セミナーには申し込まないように注意しましょう。

筆者は自己投資も株式投資と同じと考えています。

そのため自己投資を行う際は、金融商品と同じく余剰資金の範囲内で行うようにしましょう。

もし高額セミナーに参加して失敗しても、余剰資金の範囲内だから心へのダメージが少ない場合は問題ありません。

しかし藁をもすがる思であったり、借金を抱えたりする場合は高額セミナーに参加しないことをおすすめします。

ひがし
そのセミナーではなくても、他にも手段があるかもしれませんよ?

少しずつはじめる

新しいことを始めるにあたり、急激に状況を変化させて後戻りができなくなる状態になることは避けましょう。

たとえば…

「無計画に都会から田舎に引っ越す」

「次の仕事も決めずに、会社を辞める」

「宝くじに全財産のぶち込んで人生を変える」

失敗したらいつでも辞められたり、元の状態に戻れたりするくらいのペースで少しづつはじめてることが大切ですね。

ひがし
焦りは禁物!

他人と比較しない

自分のやりたいこと見つけたら、それを他人と比較しないようにしましょう。

他人と比較しても意味がありません。

また他人と比べると、自分のやろうとすることがバカバカしく思えたり、ちっぽけに思えたりすることもあります。

結果的にネガティブになり、自信喪失につながりかねません。

筆者自身、他人と比較することで苦しんだ時期があります。

大学卒業後に実家の整骨院の経営がうまくいかずに、公務員になった大学時代の友人と比較したり、テレビで活躍する同年代の若社長と比較したり…

比較したところで、比較の対象は自分のイメージする相手の姿なのです。

ひがし

つまり、相手と比較することは妄想しているに過ぎないかと。

筆者の場合、妄想の中で苦しむことが馬鹿らしくなって比べるのを辞めました。

整骨院時代の話に興味がある場合は、プロフィールをご覧ください。

転職エージェントへの相談もおすすめ

転職で状況を変えたい場合は、転職エージェントに相談してみるのもいいかもしれません。

自分には何もないことをクヨクヨと考えても、同じ思考を繰り返すだけではないでしょうか。

思い切って、専門家に相談すると道が開けるかも。転職エージェントは無料で利用できるので、使ってみる価値はあるのかもしれませんよ。

もしくは転職がうまくいかずにやりたくない場合は、思い切ってフリーランスを目指してみる方法もあります。

30代後半から自営業やフリーランスを目指してみる

自由に働いてみたい場合は、自営業やフリーランスを目指してみるのもおすすめです。

しかし自営業やフリーランスは、まったくのストレスフリーではない点は注意してください。

これまでに筆者が取り組んできた整体師やWebライターは、どちらも人間関係のストレスはそれなりにあります。

ひがし
とはいえ、人間関係のストレスは、サラリーマン時代に比べるとかなり軽くなったと感じはします。

さらに、お金についてのストレスも抱えますよ。

でも実は、お金のストレスは、考え方しだいでかなり軽くなるかもしれません。

ひがし
とくに安定志向でフリーランスになると、お金についてのストレスで病んでしまうかも。

筆者の場合、将来よりも今に集中する考え方を身に付けると、お金についてのストレスは激減しました。

30代で自分には何もない場合は新しいことに挑戦してみよう

30代で自分には何もない場合は新しいことに挑戦して、自分のスキルや仕事、キャリアを手に入れましょう。

いまの環境で挑戦することが難しい場合は、転職やフリーランスへの転向を検討して環境を変えてみるのもいいかもしれません。

フリーランスを目指す場合は、お金をかけずにリスクなく始められるWebライターもおすすめですよ。

最後まで、読んでくれてありがあとうございました。

\Webライターになって稼ぎませんか?/

【無料講座】Webライターの始め方