自律神経失調症・自律神経の乱れの施術方法

自律神経失調症・自律神経の乱れ

こんな、お悩みはありませんか?

  • 毎晩、寝つきが悪くて生活のリズムが乱れて困っている
  • 首や肩が常に凝っている
  • 腹痛をともなう、便秘や下痢に悩まされている
  • 精神的にうつの状態で、気分が落ちて辛い
  • 全身の疲れやだるさが抜けない
  • 病院でメニエール病と診断された

以上のような症状は、自律神経の乱れによる症状かもしれません。

自律神経は、体の機能(血圧、内臓の動き、発汗、体温調整)を制御している神経です。

そのため、自律神経が乱れることで、体のいろいろな場所に、さまざまな症状を引き起こします。

そのため、別名を不定愁訴(症状が定まらない辛い訴え)ともいわれ、時には日替わりで症状が変化することもあり、とても不安で辛い状態と言えます。

しかし、自律神経の乱れは、適切に対策を講じればよくなりますので、ご安心ください。

この記事では、当院で行う自律神経の調整方法(施術)ご紹介します。

  • 自律神経とはなにか?
  • 自律神経が乱れるとは、どういった状態か?
  • ひがし鍼灸整骨院で、自律神経を整える方法ご紹介
  • ストレスによる自律神経の乱れの対処方法
  • ひがし鍼灸整骨院の詳細(施術の流れや特徴など)

 

自律神経とは、なにか?

自律神経とは、人体の機能面を制御するための神経で、交感神経と副交感神経からなります。

交感神経というのは、活動の神経と言われていて、副交感神経は休息の神経と言われています。

交感神経と副交感神経が、シーソーのような絶妙なバランスの上で、人間の体は、体温を維持したり、汗をかいたり、食べ物を消化したり、血圧を維持したりしています。

しかし、自律神経の研究は、比較的に新しい分野の研究で、分からないことも多いです。

では、自律神経が乱れた状態とはどういった状態でしょうか?

自律神経の乱れとは?

自律神経は、正常であれば時と、場面に応じて、適度な反応を体に与えます。

たとえば、夜になるにつれて休息の神経が優位になり、眠くなります。

そして、朝はお日様とともに、活動の神経が次第に活発になり、目が覚めるのは、自律神経の反応です。

または、食事をすると、唾液(つば)が出て、食物を口に運び、飲み込むとあとは全自動で、胃が動いて腸が動いて、排便するとい一連の流れも自律神経の働きです。

特に、腸の動きは休息の副交感神経が優位になることで、活発になります。

そのため、食事中は楽しく、リラックスして取り、食後は急に運動しないほうがいいわけです。

これらの反応が、自律神経が乱れることで、時と場面にそぐわない反応が起きたり、過度に過敏になった反応が起こったりします。

自律神経が乱れると、具体的には、次のようなことが起きます。

夜になっても、活動の神経が高いままで、ぜんぜん眠くなりません。

または、食事中も活動の神経が高いままで、内臓の動きが悪くて、食欲がないし、腸も動かないので便秘になってしまいます。

以上は、活動の交感神経が高いままの場合に、起こる自律神経の乱れですが、当院にお越しになる自律神経の乱れの方の中には、もっとも多い乱れ方です。

他にも、活動と休息の神経の反応が極端になりすぎる状態や、副交感神経が高くなりすぎる状態の場合もあります。

ひがし
では、どうやったら自律神経の乱れを整えることができるのでしょうか?

ひがし鍼灸整骨院の自律神経の調整方法

 

ひがし鍼灸整骨院で自律神経を整える場合は、次の2つの施術で行います。

首こりや肩こりへのアプローチ

首や肩がこると、自律神経が乱れやすくなります。

なぜなら、首には副交感神経が存在していて、肩や胸の高さに位置する背骨の両側には交感神経が存在しているからです。

つまり、首や肩の筋肉がこると、自律神経を圧迫したり、神経周辺の血行が悪くなり、自律神経の乱れにつながります。

「肩こりは万病のはじまり」とか、「首こり病」などの言葉もあります。

自律神経が乱れている人の中で、首や肩がこっている人は、まずは首こり、肩こりを解消することがひがし鍼灸整骨院で行う施術の第一選択肢です。

首や肩こりの施術について、詳しくは以下をご覧ください。

 

体性自律神経反射を利用したアプローチ

少し難しそうな言葉ですが、体性自律神経反射というものがあります。

これは、体の皮膚に刺激を与えることで、自律神経を通して内臓に反応が起きることです。

(特に、内臓への反応は体性ー内臓反射ともいわれます。)

たとえば、お腹を温めると、排便したくなったり、子どもが咳をしたときに、背中をさすると咳が収まったりするのも、体性自律神経反射によるものだと思われます。

さらに、鍼灸で、足三里というつぼに、お灸をすると胃の痛みが取れるのは有名ですが、現代の科学研究では、この体性自律神経反射によるものだろうとされています。

古代の東洋(主に中国)では、自律神経というものが分かっていませんでした。

そこで、古代の名医は、体のいろいろな自律神経のよる反応を経験して、それを気という考え方で説明したのでした。(※諸説あり)

だから、鍼灸の「気」というは、実は、まったく怪しいものではありません。

当院では、鍼灸のいわゆる「つぼ(経穴と言います)」を利用した施術を行うこともあります。

つまり、手足、腹部、背中のツボを、鍼やお灸で優しく刺激して、施術することにしています。

鍼を使う際は、かなり細めの鍼を、浅く打ちますので、ほとんど刺激を感じません。

鍼の刺激が苦手な人にや首や肩が凝っていないのに自律神経が乱れている人には、おすすめの施術方法です。

 

その他の自律神経の乱れの調整方法

自律神経の乱れの原因は、じつは多岐に渡り、生活習慣上の問題も大きいです。

その中でも、精神的なストレスは自律神経の乱れの原因として、よく言われています。

ストレスは、結局のところ感情による自律神経の反応が乱れた状態です。

このような、感情による自律神経を介した体の反応を、情動と言います。

たとえば、怒りの感情で、顔が赤くなり、血圧が上がります。

あとは、明日のことが不安になると、夜眠るときに、心臓がどきどきして眠れなくなります。

以上のようなものが、情動です。

この情動が過度になり過ぎると、自律神経の乱れにつながります。

情動を過度になりすぎないようにするには、感情をコントロールすることが大切です。

ひがし
感情をコントロールする方法を少し紹介します。

不安を感じない様に、考え方を変える

同じ現実でも、受け止め方は、人それぞれです。

たとえば、自然災害が起きた際に、一方の人はその自然災害によって自分が、さらにひどいに目に合うのではないかと想像してしまいます。

悪いことを想像すると、不安感が情動につながり、動悸、食欲不振、体の緊張となり、自律神経の乱れにつながります。

ただし、他方、自然災害が起きても、その先、自分がひどい目に合うと想像しない人もいます。

悪いことを想像しなければ、不安な感情も起きずに、ストレスもなく、自律神経は乱れることがありません。

性格や性分もあるので、辛い現実に対して、悪い方へと想像を膨らませてしまう場合もあることでしょう。

でも、修正可能です。

その場合は、起きた現実から、未来や将来へと想像を膨らませないように練習をするといいです。

おすすめするのは、本を読むことです。

読むのが苦手な方は、聴くのもおすすめです。

自分に合った本があればいいですが、まだ見つけていない方は、「道は開ける」(デール・カーネギー著)がおすすめです。

ひがし
長くなるので、続きは、関連記事をご覧ください。

 

感情をコントロールするために、マインドフルネスを実践する

マインドフルネスは瞑想のことです。

有名な概念は、「今に意識を集中する」ことですが、もう一つおすすめな考え方があります。

それは、ラベリングです。

ラベリングは、自分の感情を客観的に見るのにとても、便利です。

ラベリングとは、いわば自分の感情を自分で観察して理解することです。

今、自分が怒りを感じている場合、「今、私は、起こっているな」と心の中で念じるだけでもいいです。

これを、日常的に行えるようにすると、感情を増幅させることなく、情動も制御できて、自律神経も乱れにくくなります。

ひがし
興味があれば、関連記事をご覧ください。

 

ストレスや疲れに効果がある”マインドフルネス”を解説します>>

 

当院に、お越しいただいた際は、マインドフルネスや考え方についても、アドバイスさせていただきます。

>ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

ひがし鍼灸整骨院のYouTubeチャンネル

YouTubeでも健康情報配信中です

役に立つストレッチ・メンタルケア・健康の考え方などをお伝えしています。