検索意図は2つの検索法と2つのキーワードで考える!ブログが読まれるようになる秘訣を大公開!

検索結果に自分のブログが上位表示されるには、正しく検索意図を推測することが必要不可欠です。

とはいえ、なかなか上手く行かない場合も。次のような悩みを抱えていませんか?

  • 検索結果で上位表示がなかなかできない
  • そもそも、検索意図とはなに?
  • 検索意図の具体的な調べ方を知りたい

検索意図を満たした記事を書くことで、読者に好まれるブログになります。さらに検索結果でも上位表示される可能性も高くなるのです。

この記事では、検索ニーズを満たすような検索意図の推測方法を詳しく解説します。

ひがし
元鍼灸整体師のWebライターのひがしです。

正しく検索意図を推測することで、私が過去に運営していた鍼灸整体院のサイトのアクセス数も大幅に伸びました。

本記事では、以下のことが分かりますので、参考にしてください。

  • 検索意図とは
  • 検索意図を考えることがSEO対策になる理由
  • 検索意図の分類方法
  • 検索意図の調べ方と考え方
  • 検索意図を調べるための便利ツール

検索ニーズにあった検索意図を考えられるようになると、ブログが検索上位に表示される可能性が高くなります。

さらに、読者が求める記事を書けるようなりますので、ぜひ記事を最後までご覧ください。

検索意図とは検索する目的のこと

検索意図とは検索する目的のこと

検索意図とは、検索の目的です。

たとえば、検索キーワードに応じて、次の検索意図が考えられます。

「牛丼 東京」
牛丼をおいしく食べられる東京のおすすめ店を知りたい

「牛丼 作り方」
牛丼をおいしく作りたい

「牛丼 胃もたれ」
牛丼を食べた後の胃もたれを解決したい/理由を知りたい

以上のように、キーワードから検索意図が推測できます。さらに、検索意図は4つに分類できると言われています。

検索意図は4つに分類できる

検索意図は4つに分類できる

検索ユーザーが取る行動によって、検索意図は4つに分類できると言われています。

「行きたい」という検索意図

どこかに行きたくて、検索する場合の検索意図です。どこかというのは、実在する場所だったり、インターネット上のサイトだったりします。たとえば、以下のようなキーワードと検索意図が考えられます。

キーワード例検索意図
焼肉 渋谷渋谷にある焼き肉店に行きたい
厚生労働省 ホームページ厚生労働省のホームページにアクセスしたい
笑える YouTube チャンネル笑えるYouTubeチェンネルにアクセスしたい

「やってみたい」という検索意図

なにかをやってみたい、方法や手順を知りたい場合に検索した際の検索意図です。たとえば、以下の通り。

キーワード例検索意図
あやとり 方法あやとりをマスターしたい
バーベキュウ やり方バーベキューをやってみたい
ホームページ 作り方ホームページを作ってみたい

「知りたい」という検索意図

検索したキーワードそのものについて知りたい場合の検索意図です。たとえば、次のキーワードが考えられます。

キーワード例検索意図
検索意図 意味検索意図の意味を知りたい
M-1 優勝 歴代M-1の歴代優勝コンビを知りたい
ブログとはブログとは何かを知りたい

「買いたい」という検索意図

検索したモノやサービスを購入する場合の検索意図です。たとえば、次の通りです。

キーワード例検索意図
手袋 AmazonAmazonで手袋を買いたい
飛行機 チケット飛行機のチケットを買いたい
ホームページ 会社ホームページを制作するサービスを会社から買いたい

以上のように、検索するキーワードに応じて、読者が取りたい行動を分類すると検索意図を推測することができるのです。

そして、正しく検索意図を推測できるとSEO対策にもなります。次に、検索意図がSEO対策になる理由を解説します。

検索意図をリサーチするとGoogle検索のSEO対策になる理由

検索意図をリサーチするとGoogle検索のSEO対策になる理由

検索意図に沿った記事を書くとSEO対策になる理由は、Googleが読者ファーストを徹底しているからです。Googleが読者ファーストであることは、Googleが公開している次のメッセージからも分かります。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用元:Google が掲げる 10 の事実

検索ユーザーの検索意図を満たすことは、ユーザーに焦点を絞ることです。

つまり検索ユーザーの検索意図を満たすと、検索上位に表示されることが示されています。

とはいえ、検索意図を自分の頭で考えるだけだと、実際の検索ユーザーが持つ検索意図とズレが生じてしまう場合があるから注意が必要です。

そこで、ズレを無くすためにも、検索意図を推測する場合は、調べる必要もあるのです。以降で、検索意図の調べ方や考え方を解説します。

SEOに効果的な検索意図の調べ方と考え方

SEOに効果的な検索意図の調べ方と考え方

SEOに効果的な検索意図を推測するためには、検索ユーザーが何を考えて検索しているのかを調べなければなりません。

そして、調べた材料を基に検索意図を考えると、検索ユーザーが望む検索意図を導き出すことができます。

ここでは、記事が検索結果で上位表示されるための検索意図の調べ方と考え方を解説しますので、どうぞ参考にしてください。

検索で上位表示された記事を調べて検索意図を考える

検索意図に必要な情報を集める手段として、対策キーワードの検索結果に上位表示された記事を分析する方法があります。

検索には「Webページ検索」と「バーティカル検索」と「ユニバーサル検索」があるので、それぞれ解説します。

Webページ検索

Web検索で見るべきポイントは、タイトルとメタディスクリプションです。

検索意図を推測する場合は、検索上位10記事の傾向を見ると良いでしょう。

たとえば、「ブログ 書き方」の検索キーワードの場合、最上部でリスト化した情報を表示。さらに、タイトルにも「15個」とか「10個」とかリスト化された印象を受ける情報が掲載されています。

つまり、検索ユーザーはブログの書き方について、分かりやすくリスト化した情報が欲しいと思っていると推測できます。

メタディスクリプションも、記事の内容を推測するのに役立ちます。

メタディスクリプションに書いてある記事内容からも、検索意図が推測できます。

ひがし
上位表示されている記事は、Googleが検索意図を満たしていると判断した記事なので参考になるんですね。

 

バーティカル検索

バーティカル検索

バーティカル検索とは、複数の検索機能を使って検索する方法です。

バーティカル検索を使うことで、ブログ記事の中に「画像」「動画」「ショッピング」といったどんな要素を含めれば良いかが分かります。

たとえば、「動画」「画像」「地図」「ニュース」などいろいろな項目のバーティカル検索があります。そして、バーティカル検索の表示項目は、検索キーワードによって変化するのです。

これは、検索ユーザーのニーズが高い項目が左側から並ぶようになっていると考えられます。そのため、検索した結果、「画像」が左側に表示されたら、ブログ記事に画像を盛り込んだ方が良いと推測できます。

一方で、ショッピングが表示されたら、購入可能な商品を紹介するような記事を書くと良いとも推測できます。各項目をクリックすると、項目ごとの検索結果も見られるので、中身をチェックすると記事のネタ探しにも役立ちます。

ユニバーサル検索

「ユニバーサル検索」とは、Webページ以外のコンテンツを検索結果に表示する機能です。ユニバーサル検索も検索意図に合わせて日々進化しています。

そのため、ユニバーサル検索も検索意図を推測するための材料になります。

ひがし
ユニバーサル検索で表示されている情報も、ブログ記事に盛り込むと良いでしょう。

2種類のキーワードを調べて検索意図を考える

次に「サジェストキーワード」と「関連キーワード」から検索意図を考えてみましょう。

サジェストキーワードを調べる

サジェストキーワードを調べる
サジェストキーワードといのは、検索窓にキーワードを打ち込んだ際に、プルダウンで表示されるキーワードのことです。

単語の後に、「あ」「い」など次の言葉の頭文字を入力すると別のサジェストキーワードが表示されます。そのた、えサジェストキーワードの数は1,000個くらいになる場合もあります。

関連キーワードを調べる


関連キーワードは検索結果の下に表示されるキーワードのことです。

両者は、ともに検索ユーザーのニーズを反映したキーワードです。そのため、検索意図を推測するのに、ともに同じように利用できます。

キーワードを記事に含めるかどうかを検討する

サジェストキーワードと関連キーワードは相当な数になる場合もあるため、選択する必要があります。

記事の目的やペルソナ(想定読者)が検索しそうなキーワードを、検索意図の推測のための選定基準にすと良いでしょう。

選択したサジェストキーワードで検索結果から、検索意図を探るのもおすすめです。

ひがし
サジェストキーワードを参考にすると、上位に表示されている記事との差別化にもなります。

検索意図を調べるのに便利なツールを紹介

検索意図を調べるのに便利なツールを紹介

ここでは、検索意図を抽出するのに便利なツールを紹介します。すべて無料で使えるツールなので、ぜひお試しください。

ラッコツールズで見出しを抽出する

ラッコツールズの「見出し抽出」を使うと、簡単に上位表示10記事の見出しを一気に表示することができます。

タイトル<h1>と見出しタグ<h2>~<h6>を抽出して、CVSファイルとして出力できます。

読者の検索意図を満たした上位表示の記事の見出しを見比べて、検索意図を推測するのに便利です。

ラッコツールズはこちら

ラッコキーワードの便利な機能3つ

ラッコキーワードには、検索意図を推測するための2つの便利機能があるので、紹介します。

サジェストキーワードを確認する

ラッコキーワードでは、サジェストキーワードを一気に表示することが可能です。さらに、そのまま「キーワード選定」にも利用できます。

以下の記事では検索意図と一緒にマスターしたいキーワード選定について解説していますので、どうぞ参考にしてください。

関連記事

ブログを検索結果に上位表示させるためには、上位表示させたいキーワードを選定しなければなりません。とはいえ、次のような疑問や悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。 キーワード選定はどうやればいい? そもそも、キーワード[…]

【初心者向け】キーワード選定の方法を分かりやすく解説|2つの無料ツールを使いこなそう

Q&Aを見る

ラッコキーワードには、「Yahoo!知恵袋」や「教えてgoo!」でQ&Aを見ることができる機能があります。

Q&Aを探すために、キーワードを打ち直す手間が省けて便利です。

「Yahoo!知恵袋」や「教えてgoo!」でキーワードについての悩みを調べると、検索意図を推測するのに役立ちます。

ラッコキーワードはこちら

まとめ:検索意図を考えてブログ記事を書こう

検索意図を考えてブログ記事を書くと、読者が求める情報を提供することができます。読者ファーストを掲げるGoogleは、読者が求める情報を提供する記事を検索上位に掲載します。

つまり、検索位置を推測してブログ記事を書くのは、読者に好まれる記事になるだけでなく、SEO対策にもなるのです。

ただし、検索意図は自分のイメージだけで作ってしまうのは禁物です。なぜなら、実際の検索ユーザーのニーズから外れた検索意図を考えてしまう可能性があるからです。

正しく検索意図を推測するためにも、次の方法でリサーチしましょう。

  • バーティカル検索とユニバーサル検索の検索結果
  • サジェストキーワードと関連キーワード

また、リサーチの際の便利ツールとして、次のものを利用するのもおすすめです。

  • ラッコツールズ(見出し抽出)
  • ラッコキーワード(サジェストキーワード、Q&A)

検索ユーザーのニーズを満たした検索意図を推測して、SEOで上位されるようなブログ記事を作成してください。

ひがしライティング事務所では、以下のお仕事を受け付けています。

  • SEOブログ記事の作成【有料】
  • SEOブログ記事の個別レクチャー【無料】
  • サーチコンソールを使ったブログ記事のSEOリライトのコンサル【無料】

SEOに強い検索ユーザーに読まれる記事を作成したい人は、ぜひご相談ください。

お申し込みやお問い合わせはこちら