初心者のランサーズ副業|月5万までの期間は?稼げない理由から分かったコツも解説

ランサーズへの登録を迷っている人の中には

「副業の初心者でも、ランサーズで稼げる?」

「どうすれば、収入を増やせる?」

といった疑問や悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

初心者でもランサーズを利用して、副業で月間5万円を突破することは可能です。実績のない初心者でもクライアントにうまく提案できれば、仕事を受注して報酬を得られます。

ひがし

僕がランサーズでWebライターの副業をはじめて3か月目に5万円を突破しました。

その経験をもとに、5万円を稼ぐコツをお伝えします。

 

この記事をご覧いただくと、初心者Webライターがランサーズで5万円を稼ぐための方法が分かりますので、ぜひ参考にしてください。

クラウドソーシング「ランサーズ」の公式ホームページ

ランサーズとは

引用元:ランサーズ

ランサーズとは、仕事の斡旋をするクラウドソーシングサービスのことで、ランサーズ株式会社が運営しています。

仕事を受注したいクライアントと、仕事を受けたいフリーランスをマッチングして、契約や報酬支払いの管理を行っています。

さまざまな業種の企業や個人など多様なクライアントから、仕事の依頼を受けられます。

さらに、ランサーズは仮払い制度を採用。仮払い制度があると、ランサーズ内で決められたルールを守って仕事をすれば、報酬未払いなどのトラブルに遭うことがありません。

安心してWebライターとして活動したい副業初心者にも、おすすめのサービスなのです。

 

ランサーズで受けられる仕事内容

ランサーズで初めて仕事を受ける場合は、会員登録とサイト上で公募されている案件への応募が必要です。

スマホでも参加できるタスク形式から、完了までに数日を要するようなプロジェクト形式の案件があります。

また、作品が採用されると報酬をもらえるコンペ方式の案件もあるため、自分の好みに合った働き方をできるのが魅力です。

ランサーズの案件にある代表的なジャンルは、次の通りです。

  • Webライティング
  • データ入力
  • プログラミング
  • イラスト作成
  • 動画編集

各案件について分かりやすく解説します。

 

Webライティング

Webライティングとは、インターネット上で公開される文章を書く仕事です。

Webライティングにも、SEOライティングやセールスライティング、シナリオライティングなどさまざまな分野があります。

さまざまなレベルに対応したWebライティングの案件が公募されているため、初心者から専業まで幅広いレベルのWebライターが活躍中です

 

データ入力

データ入力はエクセルやGoogleスプレッドシートなどにデータを打ち込む作業が中心です。

表計算ソフトが扱えれば、初心者でも取り組みやすいのが特徴で、ランサーズの案件の中でも人気のある仕事内容です。

 

プログラミング

プログラミングの案件に取り組むには、プログラマーとしての専門の知識知識が必要です。専門的な知識を要し難易度が高いために、案件の単価も高い傾向にあります。

最近では、初心者でもプログラミングスクールで学び、副業として取り組む人も増えています。

 

イラスト作成

ランサーズではイラスト作成の案件もあるため、イラストが得意な人も活躍できます。

イラスト作成の場合、仕事を受注してイラストを作成するプロジェクト形式と、提出したイラストから選ばれるコンペ形式から選択できます。

 

動画編集

動画編集の仕事をランサーズで獲得する場合、初心者向けから、専門家向けまで幅広い難易度の案件の中から選べます。

動画編集の仕事内容には、動画にテロップを入れたり、効果音やBGMを付けたりする案件があります。

ひがし
僕は以上の案件の中から、Webライティングの仕事に取り組みました。
ここからは、Webライターの働き方についてお伝えします。

初心者がランサーズでWebライターをしたら3か月目に月収5万円

筆者がランサーズに登録したのは2020年12月で、登録後はWebライティングの案件ばかりを受注しました。登録後3か月間の収入は次の通りです。

月日収入
2020年12月(1ヶ月目)1,540円
2021年1月(2か月目)1,650円
2021年2月(3か月目)50,215円
合計53,405円

上記の表は、ランサーズの手数料20%を差し引いた手取りの金額です。転職サイトで有名な「マイナビ転職」が調査した副業の平均額が、5万9,782円だと言われています。※1平均額には及ばないながらも、なんとか5万円の大台を超えました。

ひがし
ちなみに、僕のランサーズのプロフィールはこちら
表からは2021年2月(3ヵ月目)には、一気に報酬が跳ね上がっているのがわかります。報酬が跳ね上がった理由は、稼げなかった原因を克服したからだと考えています。
次に、Webライターがランサーズで稼げない原因を解説します。

ランサーズ初心者がWebライターで稼げない原因

ランサーズ初心者がWebライターで稼げない原因は次の通りです。

  • 初心者をアピールするから
  • 実績が不足しているから
  • 自分の得意をライティングにつなげられていないから

 

初心者をアピールするから

初心者をアピールすると仕事を獲得しづらくなります。なぜなら、クライアントは初心者よりも経験者に仕事を依頼した方が効率的だからです。

そのため、初心者をアピールせずに、自分ができることをアピールすることがい大切です。

たとえば、「納期には必ず納品します。」「〇~〇時の間には1時間以内に連絡ができます。」といったことは初心者でもアピール可能な内容できます。

クライアントに好印象を与えるためにも、自分ができることを考えてみましょう。

効果的にアピールする提案文の書き方に興味がある人は、次の記事も参考にしてください。

関連記事:初心者Webライターが仕事を取れる提案文の書き方|現役ライターの提案文サンプルも公開!

 

実績が不足しているから

実績が不足していると、他のライターとの競争に勝てないため、仕事を獲得できません。初心者にとって実績の不足は仕方のないことですが、打開策はあります。

それは、初心者のころは文字単価が0.5~1.0円くらいの自分の仕事と関係のある案件に応募することです。

その際に、自分の仕事を記事の執筆と絡めてアピールすることが重要です。

たとえば、整体師が健康関連の記事に応募した際の「悪い例」と「良い例」を紹介しますので参考にしてください。

 

本業を使った提案の仕方の悪い例×

はじめまして、本業は整体師をしています。

仕事を探していますので、よろしくお願いします。

クライアントにとっての魅力が全く分からない文章です。これでは、クライアントには「それで?」と突っ込まれてしまいます。

そこで、本業をWebライターとしてのメリットに絡めた、次のようなメッセージを送ると良いでしょう。

 

本業を使った提案の仕方の良い例〇

「本業は整体師であるため、解剖学や生理学といった身体のことについて詳しく学んでいます。

そのため、フィットネスやセルフケア関連の記事を、専門的な知見をもとに分かりやすい文章で執筆できます。

健康に関する質の高い記事をご希望の場合は、ぜひ私にご相談ください。」

以上のように、整体師だから、どういったことでクライアントに貢献できるかが分かるように提案することが大切です。

実績がない場合は、ライバルよりも優位に立てる自分の本業をアピールしていきましょう。

ひがし

ちなみに、本業ではなくても過去の経験や趣味でアピールしてもOKです。

たとえば、転職経験が豊富だから転職エージェントに詳しいとか、ランニングを趣味にしているからシューズに詳しいなどが考えられます。

 

執筆に時間がかかっていたから

執筆に時間がかかるのも、収入が低下する原因になります。執筆時間は、工夫次第ですぐにアップさせることも可能です。

もし資金があれば、パソコンの動作スピードが速いものに買い替えたり、ITツールを取り入れてみたりするのはスピードアップに即効性があります。

リサーチと執筆を同時に行える二画面表示やデュアルモニターを、利用するのもおすすめです。

他には、執筆の前に完成までの目標時間を決めると、緊張感を持って執筆できるため、スピードアップにつながりやすいでしょう。

 

初心者がランサーズで5万円を達成するために実践したこと

初心者だった筆者がランサーズで5万円を達成するために実践したことは、次の通りです。

  • 文字単価1円以上の案件を狙う
  • 得意分野を絞らない
  • ポートフォリオを作る

それぞれ詳しく解説します。

なお、他のクラウドソーシングの利用方法のコツについても知りたい人は、次の記事も参考にしてください。

関連記事:クラウドソーシングでWebライターは稼げる?約100万円を稼いだ経験からコツを解説!

 

文字単価1円以上の案件を狙う

ランサーズでWebライターとして活動して3か月目には、積極的に文字単価1円以上の案件を狙うようにしました。

文字単価1円以上は、競争が激しく応募しても落とされることが多かったのですが、20件以上に応募して2件の案件を獲得しました。

つまり、その2件が文字単価1円以上で仕事を依頼してくれたクライアントで、複数本の記事作成も依頼してれたため、5万円以上の報酬を獲得できたのです。

自分に合ったクライアントに巡り合うためにも、初心者でも文字単価1円以上の案件に応募し続けることは大切だと考えています。

 

応募する案件を得意分野に絞らない

ランサーズでWebライターをはじめたての頃は、健康関連が得意であることをアピールして2件ほど仕事を受注できました。

しかし、得意分野に絞ると、応募できる案件が少なく、仕事の数を増やせませんでした。

そこで、知らない分野の案件にチャレンジ。知識がないため調べるのに苦労しましたが、その後はチャレンジした案件が得意分野の一つとなり、応募できる案件の幅が広がったのです。

はじめは、得意分野に絞らずに、知らない分野にも挑戦するのも一つの手段かと考えられます。

とはいえ新しい分野にチャレンジしても、なかなか採用してもらえないのが現実かもしれません。

そこで、まったく別分野にチャレンジする場合は、次にお伝えするポートフォリオを作るのもおすすめです。

 

サンプル記事やポートフォリオを作る

サンプル記事とは、クライアントに披露するために作成した記事のことです。

またポートフォリオとは、クライアントに自分の実力を示すための作品集のこと。過去に書いたことのある記事を、何本か提示するのが一般的なポートフォリオです。

 

サンプル記事

筆者は初心者のころに、Googleドキュメントやワードで、サンプル記事を作成して、提案文に掲載していました。

その際に、自分が取り組みたいジャンルのサンプル記事を作成すると、それをクライアントに紹介して書きたいジャンルにチャレンジできます。

クライアントは、募集する分野に関係した記事の執筆経験があるライターを求めています。そのため、該当する分野のポートフォリオを持っておくと、応募時に有利になるのです。

ひがし
僕もはじめは、練習ポートフォリオで案件を獲得していました。

ポートフォリオ

過去に納品した記事などをポートフォリオとして掲載する手段もあります。ポートフォリオについての考え方や作成の方法はさまざまで、とくに決まりはありません。

ひがし
自分の思い通りに、ポートフォリオを作るとよいでしょう。

次の記事では、現役ライターのポートフォリオを紹介していますので、どうぞ参考にしてください。

関連記事:Webライターのポートフォリオには何を書く?6名を調査した結果から書き方を徹底解説!

ランサーズ初心者から月収10万円ライターになる3つの手順

筆者は3か月目に5万円を獲得後もランサーズでWebライターを続け、その後専業に転身しました。

そして、Webライター開始から6か月後に月収30万円を達成。その時の、ランサーズでの獲得報酬は10万円超えです。

筆者の経験を踏まえて考えた「ランサーズ初心者が月収10万円を獲得するための手順」は、次の3ステップです。

  1. 認定ランサーになる
  2. 専門特化する
  3. 文字単価2円以上の案件を受ける

各ステップごとに詳しく解説します。

 

①認定ランサーになる

まずは認定ランサーになりましょう。認定ランサーとは、以下の条件を満たした人だけが獲得できるランサーズの上位ランクです。

  • メッセージ返信率 (24時間以内) が80%以上
  • 仕事の完了率90%以上
  • 過去1年間の報酬が上位20%以内
  • 評価が4.8以上
  • 人確認や電話番号確認、機密保持確認を実施済み※2

認定ランサーになると、クライアントの目にも留まりやすくなりため、指名でメッセージが届くようになります

初心者の頃に届くような多数の人に向けたスカウトメッセージではなく、記名されたメッセージで自分にのみクライアントからスカウトが届くのです。

クライアント側から依頼される案件は文字単価が高く、月に数回届くこともあるため、筆者の場合は自分から仕事に応募する必要がなくなりました。

そのため、案件に応募する時間も記事執筆に当てられ、ライティング業務を効率化できたのです。

(参考)
※2:認定ランサーとは?|ランサーズ

 

②専門特化する

認定ランサーになるとプロフィールを見るクライアントが増えるため、専門特化してアピールしてみましょう。

筆者の場合は、健康と医療関連で専門特化しています。専門特化するメリットは、専門分野での知識が深まるため、記事の質が上がったり、執筆スピードが上がったりすることです。

ひがし
ちなみに初心者の内は、専門特化せずにいろいろな分野で場数を増やして実力アップを図るのをおすすめします。

また専門特化したあとは、文字単価が2円や3円といった関連分野の執筆依頼が多くなるメリットもあります。

自分の得意分野の執筆だけで十分な収入になるため、質の高い記事を納品でき、クライアントの評価も高くなるのです。

 

③文字単価2円以上の案件を受ける

認定ランサーになり、専門特化して執筆スキルがアップすると、文字単価が2円以上の案件を多く受けるようになります。

文字単価2円以上の案件でスケジュールが埋まるようになるため、文字単価1円のころの倍以上の収入を得られるようになるのです。

たとえば、文字単価1円のころに月収5万円だった場合は、文字単価2円になると倍の月収10円になります。

 

初心者の副業ライターでもランサーズで案件を獲得できる提案の方法

ここでは、ランサーズで仕事を受注するための提案の方法を解説します。

筆者が案件を受注できた経験をもとに「実績がある場合」と「実績がない場合」とに分けて解説しますので、参考にしてください。

 

ある程度の実績がある場合

ある程度の実績がある場合は、クライアントの感想を交えて自分のスキルをアピールすると良いです。

たとえば、クライアントから文章が読みやすいとか誤字脱字がなくてよかったなどの意見をもらえたら、次のように書くと良いでしょう。

記事の納品前には3回の校正を欠かさずに行い、高品質な記事を納品するように努めています。

そのため、過去に依頼を受けたクライアントには「文章が読みやすい」「誤字脱字がなくてよかった」などのご意見をいただきました。

また、ポートフォリオとして使える記事があれば、積極的にアピールしていきましょう。

ひがし
ポートフォリオとは、過去に書いた記事のことです。
とはいえ、新ジャンルに挑戦する場合はポートフォリオがありません。
その場合、自分でGoogleドキュメントなどにポートフォリオを作って、クライアントに「サンプルとして記事を書いてみたので、参考にしてください。」と伝えても良いでしょう。
自分でブログを運営している場合は、それを提示するのもオススメです。
筆者の実体験では、SEOライティングの案件に対して「SEOライティングの方法を解説した記事」をポートフォリオとして提示したら、クライアントから評価してもらえました。
ひがし
クライアントから「ポートフォリオが良かったから仕事を依頼した」と言ってもらえたこともあります。

実績が全くない場合

実績が全くない場合は、まずはブログで記事を書いてみるのも一つの手段です。

ひがし
僕の場合は、自分のブログ記事をクライアントに披露していました。

もしくは、ワードやGoogleドキュメントに記事を書いて、それをポートフォリオとしてクライアントに渡すのも効果的です。

クライアントは、応募した人がどんな文章を書くのかについて興味があります。つまり、ライターが書いた記事を見て、ライティングスキルを測りたいと考えているのです。

ひがし
文字単価1円以上の案件には、ポートフォリオを持ったライターも多数応募してくることでしょう。
そのため、ポートフォリオなしで提案文を書いても、採用されづらいかもしれません

ランサーズの口コミを分析

ここでは、Twitterからランサーズの口コミをピックアップして紹介します。ランサーズで副業をしようかどうか決めかねている人は、参考にしてください。

 

優良なクライアントさんだと思いました。

筆者もランサーズで優良なクライアントに出会って、記事をたくさん依頼してもらえました。優良なクライアントとの出会いは、確立に左右されます。

確率を高めるためにも、時間をかけて案件に応募し続ける必要があるでしょう。

 

ランサーズ”認定ランサー”


ランサーズには認定ランサー制度があります。認定ランサーに選ばれると、仕事の依頼も受けやすくなります

ひがし
僕は5ヵ月ほどで「認定ランサー」になれました。

なんでランサーズはランサー手取り額を入力させるんだ?

手取り額を入力する場合は計算をする必要があり、手間がかかってしまうのが悩ましいところです。

使い勝手に難ありだと感じた場合は、他のクラウドソーシングを試してみるのもおすすめです。

他のクラウドソーシングについて詳しくしたい場合は、次の記事を参考にしてください。

関連記事:初心者はクラウドワークスで稼げる?提案文やポートフォリオの作り方を徹底解説!

関連記事:ココナラで初心者Webライターが副業すると稼げる?登録するメリットも解説

 

初心者でも頑張ればランサーズで月5万円以上も可能

ランサーズとは、仕事の仲介をするクラウドソーシングサービスのことです。

ランサーズでは、さまざまな案件を受けられますが、全くスキルのない初心者が始める場合はWebライティングの案件がオススメです。

筆者は、ランサーズ開始から3ヵ月目に副業で月間の収入5万円を越えました。月収5万円以上を稼ぐために行ったことは、次の通りです。

  • 文字単価1円以上の案件を狙う
  • 得意分野を絞らない
  • ポートフォリオを作る

月の副業時間を60時間ほど確保できれば、初心者でも努力しだいで3ヵ月から半年で月5万円の収入も可能だと、筆者は考えています。

積極的に単価が高い案件を狙いつつ地道に活動すれば、副業でも5万円以上を獲得できるでしょう。

ランサーズには無料で登録できますので、未登録の人はまずは申し込んでみてください。

クラウドソーシング「ランサーズ」の公式ホームページ