施術方法

当院では、慢性的な体の痛みや不調に対して以下の3点で施術いたします。

1.部分的な筋肉のこりへの鎮痛と血行促進をするための鍼灸施術

2.筋肉のアンバランスによる体の歪みを調整するための整体施術

3.固まった関節に対して正常な可動域を取り戻すための整体施術

以上の3点を駆使して、お体の自然治癒を高め、症状改善へと導きます。

そして、最終的に、お越しいただいた方の生活の質(QOL)の向上に貢献できることを目指しています。

施術についての具体的な内容は以下に詳しく説明いたします。

鍼灸

当院で鍼灸を行う目的は、簡単に説明すると以下の3点です。

1.鎮痛(痛みを抑えること)

2.血行促進(血液の流れをよくすること)

3.自律神経の調整(体の内臓、血管、体温などの機能を調整すること)

特に体の深部のこりまでほぐすことができるメリットは大きいと考えています。

そして、以下の鍼灸の利点を生かして施術いたします。

鍼は筋肉の深部まで直に刺激できる

鎮痛(痛みを抑えること)についての医学的エビデンスがある

血行が促進される医学的エビデンスがある

血行促進されると体の治癒力向上が期待できる

自律神経の調整作用が期待できる

 

筋肉の深部のこりまでほぐせる

深部の筋肉をインナーマッスルと言ったりしますが、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

インナーマッスルをほぐす場合は、鍼でほぐすのがもっとも効果的だと考えています。

実は筋肉は深い位置にある筋肉と浅い位置にある筋肉があります。

筋肉図

浅い位置の筋肉をほぐすのみでは、痛みや不快感が残ったり、痛みが取れてもすぐに戻ったりしやすくなるのかもしれません。

そこで、鍼を使って深い位置にあるこりまでほぐすことで痛みや不快感を速やかに軽くなることが期待できます。

鍼を深部まで打つことで刺激を与えてその部分の血行をよくすることができるのです。

 

体のこりは、万病のもと

体のこりで、痛みのみではなく、さまざまな体の不調が起こる可能性があることはご存じでしょうか?

さまざまというのは、本当にさまざまで、痛み、しびれは、もちろんですが、その他にも、歪み、自律神経が乱れることにより起こる内臓の不調、不眠、めまい、耳鳴り、更年期障害、冷え、むくみです。

さらに、自律神経の乱れが進行すると、うつやパニック障害などの精神症状まで現れます。

最近、体にこりを感じていて、体の不調を感じていませんか?

当院に体の不調に悩んでお越しになるかたの多くが、体のこりとその他の不快な症状を併発していらっしゃいます。

体のこりとは、こんな状態

こりの図

筋肉のこりは、血管や神経が締め付けられて通りが悪くなります。

血管の流れが悪くなることで、痛みを発する物質が蓄積したり、細胞に栄養を届けるのが難しくなります。

また、締め付けられた神経は、異常を知らせるために過敏になりしびれや痛みにつながります。

しかも、血流という輸送経路が絶たれてしまうことで、こりの部分に免疫が働かずに治すこともできないので、放っておくとこりはずっととどまり続けてしまうのです。

持続的な姿勢を続けるとこりはできやすい

普段、お仕事のデスクワークなどで持続的な姿勢を継続したり、繰り返し同じ動作をして同じ筋肉を使い続けてしまうと、筋肉は固くなり、こりができてしまいます。

そのため、こりができないようにするには、同じ姿勢を続けずに、体勢を変えたり動いたりしていろいろな筋肉をまんべんなく使っていく必要があります。

例えば、お仕事のデスクワークは必要があって行っているのであってなかなか都合よく体勢を変えたりすることができないかもしれません。

あなた様は、きっと日々、お仕事に一生懸命でそんな体のことすら心配する暇もないのかもしれませんよね。

それは、仕方のないことです。

それでも、そのままでいい問題ではありません。

それは、筋肉のこりは、痛みやしびれ、自律神経の乱れによる体調の崩れの原因になってしまうからです。

こりを鍼でしっかりとほぐす

ひがし鍼灸整骨院の施術は、鍼や指圧でこりをほぐす施術が特徴です。

鍼灸治療は、気の流れを整える、手足のつぼに鍼を打つなど治療院によってさまざまな方法があります。

当院では、筋肉のこりで固くなっているところに鍼を集中的に打ち徹底的にこりをほぐす施術を行います。

また、体がこりにくくするために、セルフケアや姿勢のアドバイスも行っています。

当院では、2つの鍼灸を使い分けています。

 

通常の鍼灸

経絡上に存在する経穴(つぼ)に鍼を打つことで、体の状態を整えます。

例えば、肩こりであれば、肩井(けんせい)、目の症状であれば、合谷(ごうこく)

胃の痛みには、足三里(あしさんり)などお体の状態に合わせてツボを選択してそこに鍼を打ったりお灸をすたりします。

経絡

それほど、多くの鍼を使わずに体の状態を整えることができるので、お体への負担が少ない優しい施術をすることができます。

このような施術になります。

 

ルート治療

なかなかほぐれない頑固なこりや、痛みや神経痛が強い場合は、ルート治療がおすすめです。

多くの鍼を使い、こりを覆うように鍼を打つのが特徴です。
こりの図

筋肉のコリというものは、人間の体の免疫細胞に治してもらえずに放置されてしまうという特徴があります。
例えば、擦り傷や打ち身等は時間の経過とともに治癒していきますが、コリだけは数年から数十年ずっとその場所に居座り続け、お仕事などで負担をかけ続けると、どんどん大きく硬くなって行きます。

こりは、陸続きになったり、固まりになったりしながら、独特な経路(ルート)のような形状になります。

例えば、このような感じに・・・肩こり

こりの性質上、より深く広がったり、平面的にこりの範囲が広がったりします。

ルート治療は、そんな陸続きや塊となったこりのルート(経路)を的確にとらえてそこに多本数の鍼を打つ、もしくは集中的に指圧を行う治療法です。

こりを重点的に刺激することで、免疫を活性化してこりを緩めて血行促進していきます。

そうすることで、長年取り切れなかったこりから解放されることになります。

こりによって起こっている体のありとあらゆる不調が楽になっていきます。

ルート鍼はとてもシンプルでありながらも、深部のこりまでほぐせる鍼の利点を最大限に生かした施術法です。

鍼を打つことで筋肉の深部までこりを刺激することができます。こりに刺さる鍼

ルート鍼は筋肉の深部まで刺激することができる鍼を多く使い、一気にこりを刺激します。

ルート治療だと、このような感じです。

ルート鍼

鍼施術2

こりに集中して鍼を打つことで、免疫の活性化、血行促進作用、こりが緩む作用が期待できます。

通常の鍼の場合よりも、かなり多くの鍼を使い、こりを刺激することに特化した施術になります。

血行が良くなると自然治癒が働きやすくなります。

ルート整体の場合は、鍼の代わりに指を使い、こりを集中的に指圧していきます。

特に、ルート鍼は頑固なコリでも比較的に早期に症状を軽くできる可能性があります。

 

鍼治療は、痛いのか?

特にルート鍼については、これほど鍼を打つと痛みが強いのではないかと、気になる方がいらっしゃるかもしれません。

当院で実施したアンケートでは、79人の内の86%の方が痛くない、少し痛む程度などのご回答をいただいています。

鍼の痛みについては、個人によって感じ方が大きく異なります。

 

痛みのアンケート

クリックで拡大できます。アンケート調査

痛みが少ない理由

ルート治療は、体への刺激がある程度あります。

しかし、痛みの感受性は非常に個人差が大きいため、個別に合わせた対応を行うことで施術の痛みを和らげることができます。

1.鍼の得気は、刺激が独特

鍼の痛みの中心になるのは、得気というものになります。

ずーんと重くなるようなどくとくな感覚です。

この感覚は、指圧のつぼに入った感じがさらに集約された感じに近いかもしれません。

この感覚については、痛みよりもむしろ気持ちが良いと感じる方もいらっしゃいます。

そのような方は、鍼の刺激を痛みとはとらえないかもしれません。

2.施術を強制しない

施術を強制いたしません。

ルート鍼も受けてみて、辛いなと思った場合は、すぐにお伝えいただくと指圧に切り替えるなどしております。

また、施術者側でもこまめに刺激の加減を訪ねながら施術しています。

 

3.鍼の太さは、いろいろある

鍼の太さはさまざまで、細いものだと髪の毛の太さぐらいです。

太さを自由に変えられるので、刺激の調整も可能です。

 

4.管鍼法で施術

鍼施術の際は、管鍼法という方法で行います。

管の中に鍼を入れてそこから鍼を打ちます。日本式の伝統的に鍼の打ち方で痛みの刺激を大幅に和らげることが可能です。

 

鍼の衛生面について

鍼の衛生面

鍼はすべて使い捨ての鍼を使用しています。

滅菌包装してある鍼を施術の直前に開けて使用しています。

使い終わったら専用の容器い入れて廃棄しています。

また、鍼を置くシャーレも使い捨ての物を使っていますので、衛生上の問題についてはご心配ありません。

国家資格を所持した専門家が施術します。

はり師・きゅう師の国家資格を所持している者が、鍼灸施術に当たらせていただきますので、安心です。

 

整体・姿勢矯正

当院で整体を行う目的を端的に説明すると以下の2点です。

1.筋肉の前後左右のバランスを整えて姿勢や歪みを矯正する目的

2.固まって動きにくい関節を滑らかに動かせるようにする目的

そして、そこから得られる利点は以下の3点だと考えています。

歪みが少ない正常な状態に近づくことで、凝りにくい体にも近づけることができ症状の再発予防になる

関節を動かせる範囲が広がることで、血行がよくなり痛まない体への好循環が期待できる

歪みや関節の動きの改善により、体が動かしやすくなり生活の質の向上が期待できる

 

体の歪みは筋肉のバランスの崩れから

人間の体を支えるものは骨格ですが、その骨格は筋肉によって支えられています。

骨には、さまざまな筋肉が付着しおり、筋肉が前後左右に絶妙なバランスで引っ張り合うことで正常な姿勢を保てるようになります。

骨にくっついている筋肉のこりや緊張、弱化により骨を引っ張る筋肉の強度に前後左右で違いができると骨盤の傾き(前傾・後傾)、背骨が曲がる(側弯)、肩が前方に出ることで猫背になり、猫背になった姿勢は首の骨がまっすぐになるストレートネックにつながる可能性があります。

 

骨盤の傾きと体の歪み

骨盤の歪み

筋肉のバランスが崩れることで体が歪むマッスルインバランスという考えがあります。

筋肉の前後左右の筋肉のバランスが崩れることで、体に歪みや関節の変形が起こる考え方です。

筋肉のバランスというのは、前後左右における筋肉の緊張や強さのつり合いです。

例えば、股関節の筋肉の緊張や強さが違ってくると骨盤が引っ張られて傾いてしまいます。

前後に傾くと反り腰や猫背などの原因になります。

左右で傾くと側弯になります。

骨盤が傾くと胴体で歪み、首や肩でも歪みがおきるからです。

歪むと重力など体にかかる負荷をうまく分散できずになり、体の一部分が凝りやすくなります。

あなたは、右側が凝りやすい、左側が凝りやすい、ある一定の部分が痛くなりやすいなどございませんか?

その場合は、筋肉のバランスが崩れていることが原因の可能性があります。

『マッスルインバランス』の考えに基づいて、ゆっくりとストレッチをかけるような整体を行うことで、筋肉のアンバランスを整えていきます。

ボキボキしない整体なので、痛みがなく安心して受けていただけます。

整体のビフォーアフター

施術直後の一時的に歪みがなくなる状態ではなく、継続して歪みがない状態を目指していきます。

そのために、ご自宅でもセルフケアを行っていただけるようにアドバイスにも力を入れています。

固まった関節を動かせるようにする

関節の周辺は、筋肉、靭帯や関節包おおわれています。肩が固まった状態は筋肉だけの問題ではないため単に筋肉を鍼や指でほぐすだけでは不十分な場合もあります。

その際は、固い筋肉をほぐしながら徐々に関節も動かして筋肉以外の靭帯や関節包を柔らかくしていきます。

特に痛みが強い場合は、関節を動かそうとすると無意識に力が入ってしまい、関節を動かせる範囲を広げるのに苦労するかもしれませんが、この場合は鍼の鎮痛効果と併用することで効率よく関節が動かせる範囲を広げていくことができます。

五十肩

例えば、膝が曲がらずに正座ができない、五十肩や四十肩で腕が上がらないなどの場合は、関節をなめらかに動かせるようにするために整体を行うと良いです。

施術前と施術後で違いを実感していただき、ご自宅でもセルフケアを行って徐々に上がるようにしていきましょう。

国家資格者による専門的な施術

整体施術は、柔道整復師という整骨院の国家資格を取得している専門家が行いますので、安心です。

柔道整復師免許

さらに、痛みが強い場合は鍼灸との併用で早期に痛みを楽にすることができます。

 

料金が高額な理由

当院は、保険を扱っていないため他の整骨院にくらべて料金が高めです。

料金が高い理由は以下の3点です。

・慢性の症状を対象に施術したいため

・施術方法を制約することなく施術したいため

・施術時間を確保したいため

 

慢性の症状を対象に施術したいため

整骨院で、受けることができる症状は、骨折、脱臼、打撲、捻挫などの症状に限りられます。そのため、特に慢性の症状を整骨院で施術することができません。

そのため、保険内の施術で慢性の症状を治療することができません。

当院では、慢性の症状をお持ちの方のお悩みを解決していきたいために、保険の取り扱いを行っておりません。

 

施術方法を制約することなく施術したいため

医師の同意なく、保険によって施術を受けることができるのは、一部の骨折、脱臼、打撲、捻挫のみです。

そのため、当院が得意とする鍼施術、姿勢矯正などの施術は保険内で施術を行うことができません。

また、必要であれば、鍼や灸、その他の施術自体にかかる材料費も惜しむことなく使っていきたいと考えています。

当院では、鍼施術や姿勢矯正を駆使して、材料なども惜しむことなく、健康のお悩みを解決する方針です。

 

施術時間を確保したいため

施術料金を低くしてしまうと、カウンセリングや施術時間の確保が難しくなります。

当院では、ある程度の施術時間を確保してお体の不調でお悩みの方の早期改善と根本的な解決に貢献していきたいと考えています。

 

以上の理由により、当院では保険の取り扱いやめております。また、ある程度の施術料金をいただいてお悩みの早期改善と根本解決に取り組ませていただきますので、何卒よろしくお願いします。