【保存版】Webライターが実践すべき記事の書き方とは?クライアントから高評価を得る方法

Webライターの記事の書き方は、クライアントによって正解が異なります。

そのため、次のような悩みを抱えるWebライターも多いのではないでしょうか?

「どんな書き方が正解?」

「どんな書き方をすれば、クライアントに評価してもらえるのだろう?」

記事を書く前に、まずはクライアントの指示をしっかりとチェックすることが大切です。

本記事では、次の内容を解説します。

  • Webライターが記事執筆の前にチェックすべきこと
  • Webライターの文章力を向上させる書き方のコツ10選
  • 記事完成後の見直しについて

最後まで読んでいただくと、Webライティングレベルの向上に役立ちますよ。

ひがし

Webライターのひがしです。

経験をもとに書きましたので、きっと参考になります!

Webライターが記事を書く前にチェックすべきこと

記事を書く前にチェックすべきこと

ここではWebライターが記事を書く前にチェックすべきことをお伝えします。

Webライターは、クライアント企業から案件の依頼を受けて記事を執筆します。そのため、ここで紹介する事項を確認してクライアントの希望に沿った記事を書きましょう。

対策キーワード

対策キーワードとは、検索ユーザーがインターネットで調べる際に、検索窓に打ち込む単語です。

対策キーワードには、「Webライター」などの1つの単語や、「Webライター 書き方」などの2以上の単語が並ぶことがあります。

Webライターは対策キーワードに沿って記事を執筆します。そうすると、記事が検索結果に上位表示され、検査ユーザーに読んでもらえるような記事を書けるのです。

企業のコラムやブログに投稿するような記事を執筆する案件では、対策キーワードが事前に準備されています。

クライアントが提示する対策キーワードを確認して、それに基づいて記事を書きましょう。

ターゲット(ペルソナ)

ターゲットとは、想定読者のことです。特定のターゲットに向けて書かれたWeb記事は、対象とした一定の人達に読まれやすくなります。

一方でターゲットの定まらない記事は、誰からも興味を示されないため、読まれづらい記事になります。

ターゲットには、性別や年齢、仕事などの簡単なステータスを設定。さらに、ターゲットよりも詳しいステータスを設定するペルソナと呼ばれるものもあります。

いずれを設定するかは、クライアントによります。

もしクライアントからターゲットを教えてもらっていない場合は、念のために確認するとよいでしょう。

CTA

CTAとは、記事の読者を具体的な行動に誘導することです。

たとえば、次のようなCTAが存在します。

  • 商品やサービスの購入
  • 資料の請求もしくは、ダウンロード
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

クライアントは自社の商品やサービスを読者に紹介するため、CTAを設定していることもあります。

Webライターは記事の最後にCTAにつながるように文章を書く必要があるため、事前に確認しておきましょう。

ひがし

CTAはまとめに入れることが多いです。

次の記事では、CTAへと自然につなげるまとめの書き方を解説していますので、参考にしてください。

関連記事:【Webライター向け】まとめの書き方はどうする?例文を示しながら、短くまとめるコツも解説!

文字数

Webライターがクライアントから執筆を依頼される記事には、文字数が決められていることもあります。

記事全体やタイトル、導入文の文字数をあらかじめ確認して記事を執筆するようにしましょう。

記事全体の文字数

記事全体の文字数が、3,000文字や5,000文字などで決めれています。

Webライターは、決められた文字数を超えるように記事を書く必要があります。

またクライアントによっては、文字数に上限を設けている場合もあるため、その場合は上限を超えないようにしましょう。

タイトルの文字数

タイトルの文字数は、32~45文字の範囲でクライアントごとにばらばらの文字数が設定されています。

設定された文字数を超えないようにタイトルを決めましょう。

導入文の文字数

導入文の文字数も、クライアントごとにばらばらの数が設定されています。

筆者の経験では、150~300文字の範囲で設定されていることが多いようです。

なお導入文の文字数については、とくに決められていない場合もあります。その場合は、200~300文字程度を目安に書くとよいでしょう。

レギュレーション

レギュレーションとは、メディア内にある文章の言い回しや文字表記を統一するために定められた、記事の書き方に関するルールです。

マニュアルなどと表現されることも。

Webライターは、クライアントが提示したレギュレーションに沿って、記事を執筆する必要があります。

クライアントによってさまざまで、次のようなレギュレーションが存在します。

  • 漢字とひらがな表記の区別
  • カタカナの使い方
  • 1文の長さ
  • 太字やマーカーなどの文字強調のさせ方
  • 各見出しの文字数
  • 導入文の文字数
  • 語尾の書き方

上記は一部で、他にもさまざまなレギュレーションがあります。

執筆の前に、レギュレーションをチェックして、クライアントの希望に応えられる記事を作成しましょう。

構成通りに記事を書く

構成とは、記事の設計図のようなものです。

構成内に書かれることは、次のとおり。

  • タイトル
  • 見出し
  • 参考にするURL
  • 記事内容の要約
  • 文字数

構成があらかじめ準備されている案件と、Webライターが構成を作成する案件があります。

構成が準備されている場合は、見出しやタイトルは、そのまま反映させて記事を作成するようにしましょう。

一方で構成をWebライター自身が書く場合は、一定のルールに従って書くと、クライアントの希望に応えられます。

構成の作成方については、次の記事を参考にしてください。

関連記事

Webライターにとって構成案は、クライアントにアピールする絶好のチャンスであることはご存じでしょうか?筆者は作り込んだ構成案をクライアントに提出して、高評価をいただきました。その結果、構成案を提出した段階で、次の継続依頼もい[…]

リサーチで大切なこと

Webライターが質の良い記事を書けるのかどうかは、リサーチの良し悪しにかかっています。

リサーチとは、記事内に書く内容を調べること。ここで紹介することを守ってリサーチをすると、クライアントが納得する記事の書き方ができます。

ひがし
ぜひ、参考にしてくださいね。

個人ブログやキュレーションサイトは避ける

個人ブログやキュレーションサイトは、信ぴょう性や信頼性に欠けるため、記事の内容に含めないようにした方がよいでしょう。

中には素晴らしい記事もあるのですが、クライアント企業は個人ブログやキュレーションサイトを参考元から外すように求める傾向にあります。

クライアントが納得する記事を作成する場合は、参考元として避ける方が無難でしょう。

官公庁や大企業のサイトを参考にする

官公庁や大企業のサイトは、信ぴょう性や信頼性、権威性が高いため、積極的に参考元として利用するとクライアントに喜ばれるでしょう。

とくに、官公庁が発表する統計データや調査データは、引用したり、まとめたりして記事の掲載すると良質な記事に仕上がります。

官公庁をはじめとした公的機関が発表するデータには、次のような資料があります。

以上のようなデータを2次情報といいます。

他にも、さまざまな2次情報が無料で手に入りますので、積極的に利用して良質な記事に仕上げてみてください。

2次情報を探す際には、次のようなキーワードで検索するとよいでしょう。

  • 「〇〇 データ」
  • 「〇〇 統計」
  • 「〇〇 調査」
  • 「〇〇 論文」
  • 「〇〇 アンケート」

クライアントの評価も高まめるためにも、積極的に2次情報をリサーチしてみてくださいね。

Webライターの文章力を向上させる書き方のコツ10選

Web記事の文章は、紙媒体の文章とは異なる点で評価される側面があります。

ここでは、クライアントの評価に影響すると考えられるWeb記事の書き方のコツを10個項目紹介します。

  • 一文一意で書く
  • 同じ連続語尾は2回までにとどめる
  • 表記ゆれを避ける
  • PREP法やSDS法で書く
  • 指示語をなるべく使わない
  • 冗長表現を避ける
  • 接続詞を多用しない
  • 箇条書きを使う
  • 漢字は適度に開く
  • 固有名詞はコピペする

筆者がこれまでに、多数のクライアント企業から記事執筆の依頼を受けた経験をもとに解説します。

Webライターとして文章力を向上させるためにも、参考にしてください。

一文一意で書く

一文一意とは、一つの文章で一つの意味を伝える文章の書き方です。

たとえば、次の文章は一文一意になっていない文章。

サンタがいることを信じる子どもは多いようですが、成長するにつれて信じる子どもは徐々に減り、大人になるとほとんどの人がサンタさんの存在を信じなくなります。

これを一文一意に修正すると、次のとおりです。

サンタがいることを信じる子どもは多いようです。

しかし成長するにつれて、サンタを信じる子どもは徐々に減ります。

大人になると、ほとんどの人がサンタの存在を信じなくなるのです。

スマホで読まれることの多いWeb記事は、なるべく一文一意の短文で書いた方が読みやすい文章になるのです。

ひがし

一文一意を心がけるあまり、短文ばかりにならないようにしてくださいね。

文章の長さは、バランスも大切です。

筆者の場合は1文の目安を40~60文字にして、80文字を超える場合は一文一意を検討します。

同じ連続語尾は2回までにとどめる

同じ連続語尾は2回までにとどめると、修正の依頼が減ります。同じ語尾の連続が3回以上になると、クライアントから指摘されることがあるのです。

たとえば、3回以上同じ語尾が続くと、次のような文章に。

明日は晴れるから、ピクニックに出かけます。

近くの山道を散策して、山の頂上でお昼ご飯を食べます。

そのあとは少し休憩を挟んで、夕方16時までには下山します。

以上の文章は稚拙に見えるため、修正するように依頼されるのです。

そこで次のように修正するとよいでしょう。

明日は晴れるから、ピクニックに出かけます。

近くの山道を散策して、山の頂上でお昼ご飯を食べる予定です。

そのあとは少し休憩を挟んで、夕方16時までには下山します。

3回連続「ます。」の間に、「です。」を挟みました。

以上のような書き方をすると、文章が稚拙に見えることがなく、クライアントから修正を求められることもありません。

表記ゆれを避ける

表記ゆれとは、同じ意味の名詞を2つに分けて表現すること。たとえば、次のような名詞の使い方が表記ゆれです。

  • 従業員と社員
  • パソコンとPC
  • 企業と会社
  • サーバーとサーバ
  • クライアントと顧客

表記ゆれは読者の混乱を招くため、どちらかに統一するようにしましょう。

メディア内の表記ゆれを防ぐために、レギュレーション(マニュアル)内で定めらることもあります。

PREP法やSDS法で書く

PREP法とSDS法は、記事の内容を読者にわかりやすく伝えるための記事の書き方です。

ひがし
論理的な文章の書き方の代表とも言えます。

PREP法

PREP法では、次の順番で文章を書きます。

  • 結論(主張)
  • 理由
  • 具体例
  • 結論(主張)

PREP法で文章を書けないときは、SDS法を利用します。

SDS法

SDS法では、次の流れで文章を書きます。

  • 要点
  • 詳細
  • 要点

PREP法とSDS法の共通点は、各見出し内で最も重要なことをはじめに書くことです。

指示語をなるべく使わない

指示語とは、「これ」「あれ」「それ」などの前の文章で書かれた内容を指す言葉です。

読み飛ばされることの多いWeb記事は、指示語が多くなると、読者に文章の意味が通じづらくなります。

そのため、読者に読み飛ばされてもよいように、なるべく指示語を少なくして記事を書くと、読みやすい文章に仕上がるのです。

冗長表現を避ける

冗長表現とは、まわりくどい言い回しのことです。

「~することができる。」「~しています。」など、とくに語尾で冗長表現を使うと、クライアントに指摘されることがあります。

たとえば、次の文章は冗長表現といえます。

レギュレーションに沿って記事を書くと、クライアントから評価してもらうことができます。

この記事では、文章の書き方を説明しています。

以上を、簡潔な文書に整えると…

レギュレーションに沿って記事を書くと、クライアントから評価してもらえます。

この記事では、文章の書き方を説明します。

冗長表現は日本語として間違っているわけではありません。

そのため冗長表現の判断については、クライアントによってばらつきがあります。

レギュレーションをチェックしたり、クライアントの修正依頼を確認したりして、どのような表現が冗長表現にあたるのかを把握するとよいでしょう。

接続詞を多用しない

Web記事の文章を読みやすくするためには、接続詞を多用しないように注意してください。

接続詞が多すぎると、読者が文章をテンポよく読みづらくなることがあります。

接続詞の数はクライアントのレギュレーションに記載されていることがあります。レギュレーションに記載されている場合は、まずはそれに従いましょう。

とくに決められていない場合は、各見出し内に2個以内を目安にするとよいでしょう。

箇条書きを使う

箇条書きを使うと、文章が読みやすくなるため、クライアントにも評価されます。

同列の項目が3つ以上並ぶ場合や、手順を解説する場合は、積極的に箇条書きを使うとよいでしょう。

たとえば、次のような文章が該当します。

卵焼きを作る場合は、まずは卵を割って、そのあとは卵をかき混ぜます。

最後にフライパン上で焼きながら、きれいに巻くと完成です。

以上の文章を箇条書きにすると、次のようになります。

卵焼きを作る手順は次のとおりです。

  1. 卵を割る
  2. 卵をかき混ぜる
  3. フライパン上で焼きながらきれいに巻く

情報が並列の場合は「・(点)」で、手順などの順列の場合は「1.(数字)」などを使い分けるとよいでしょう。

漢字は適度に開く

漢字は適度に開いて、記事を執筆しましょう。

まずは、常用外漢字はひらがなで書くようにするとよいです。

たとえば、「喋る」は常用外漢字であるため、「しゃべる」とひらがなで表記します。

他にも、次のようなものがあります。

  • 掴む(つかむ)
  • 醤油(しょうゆ)
  • 儲かる(もうかる)
  • 溜まる(たまる)
  • 罠(わな)

以上は一部であり、他のもさまざまな常用外漢字があります。一つひとつ覚えていくしかないのですが、実際には見落とされることも多いです。

まずはクライアントのレギュレーションに定められた漢字表記は、守るようにするとよいでしょう。

固有名詞はコピペする

固有名詞は間違えないためにも、公式サイトなどからコピペすることをおすすめします。

たとえば、「Microsft Word」など英語表記は、よく間違えられることの多い名詞です。

間違えないためにも、公式サイトからコピペしましょう。

完成した記事を見直す

記事が完成したら、見直しましょう。見直す際には、次の点をチェックするとよいでしょう。

  • レギュレーション通りになっているか
  • 誤字や脱字はないか
  • 読みやすいか

それぞれについて解説します。

レギュレーション通りになっているか

まずはレギュレーション通りになっているかチェックしましょう。

クライアントが提示するレギュレーションは、さまざまです。

そのため、はじめは苦労するかもしれません。しかし同じクライアントから継続して依頼を受けるようになると、レギュレーションも覚えるため、徐々に負担が減ります。

クライアントから継続して依頼を受けるためにも、レギュレーション通りに書かれた記事へと仕上げましょう。

誤字や脱字はないか

誤字や脱字があると、丁寧さに欠けると判断され、クライアントからの評価が低下します。

そのため記事の完成後は、しっかりと見直しましょう。

他にも、おかしな日本語の言い回しや、論理的に意味が通じない箇所もチェックして修正するとよいでしょう。

記事のチェック手順

筆者は次の手順で記事のチェックをしています。よろしければ、参考にしてください。

  1. 目視でチェックする
  2. 文章校正ツールでチェックする
  3. 目視でチェックする

ポイントは目視のチェックと、校正ツールのチェックを組み合わせている点です。

校正ツールは年々精度が増しており、最近では詳細に誤りを指摘してくれます。

文章校正ツールの使い方

文章校正ツールの使い方のポイントは次のとおり。

  • 必ず目視と併用する
  • 2種類のツールを使う

筆者は上記を守って文章校正ツールを利用しています。

文章校正ツールは、年々精度が向上しているとはいえ、見落としも多いのです。

また校正ツールによって、指摘する間違いも異なるため、2種類を併用すると効果が増します。

少なくとも、目視のチェックは必ず実施しまして、校正ツールはサポートとして利用してください。

次のような文章校正ツールがありますので、ぜひ利用してみてください。

筆者はWordのエディター機能と文賢(ぶんけん)を利用しています。

個人的に文賢は、初心者ライターの学習にも使えると考えています。文献については次の記事を参考にしてください。

関連記事

文賢は、クラウド型の文章チェックツール。インターネット環境さえあれば、どこにいても、どのパソコンを使っても文章チェックができます。辞書機能やチェック項目を自分でアレンジできる点も魅力です。しかし高額な価格設定の上に、お試しプランもな[…]

読みやすいか

Web記事では、スマホでも読みやすのかどうか確認することが大切です。スマホで読みやすい記事は、次の条件を満たしています。

  • 適度に見出しがある
  • 一文一意を心がけている
  • 冗長表現が少ない
  • PREP法やSDS法で書かれている

適度に見出しがあると、読者は興味がある見出しで読み飛ばすのを止めて記事をしっかり読む可能性があります。

1見出し内の文字数は100~300文字を目安にして、400文字を超える場合は見出しの追記を検討するとよいでしょう。

ひがし
各見出し内の文字数は、レギュレーションで決められれていることもあります。

Webライターの記事の書き方をマスターしよう

Webライターの記事の書き方は、紙媒体とは異なる点も多いです。

クライアント企業から提示される対策キーワードや文字数、レギュレーションなどをしっかりとチェックして、希望通りの記事を完成させましょう。

また今回は、Webライターの文章力を向上させる書き方のコツもお伝えしました。参考にしていただき、良質な記事に仕上げてください。

記事に完成後は、見直しも欠かさずに行いましょう。校正ツールなども活用すると、誤字や脱字、おかしな日本語の表現も減らせるはず。

Webライターの記事の書き方をマスターして、ぜひ単価アップを目指してください!

\【無料】Webライターになるための基礎を学ぼう!/

Webライターの始め方