Webライターとは?資格は必要?仕事内容を現役ライターが解説!

誰にでも手軽に始められるWebライターは、人気のある副業の一つです。

とはいえ、Webライターについてよく知らない人は、次の疑問が浮かびますよね。

「Webライターとは、どんな仕事?」

「どうやったら、Webライターになれる?」

Webライターは、企業や個人にインターネット上で読まれる記事を代行して執筆する仕事です。資格などは必要なく、誰にでもなれます。

本記事では、Webライターの仕事内容や始め方について詳しく解説します。Webライターに興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

Webライターとは?資格は必要?

Webライターとは、インターネット上で読まれる文章を書く人です。記事を執筆して、それを企業や個人に納めてお金を稼ぎます。

Webライターの働き方はさまざまで、企業に勤めたり、フリーランス(自営業)として活動したりする方法があります。

また最近では、副業としてWebライターに携わる人たちも増加傾向です。

Webライターには資格が必要なく、パソコンがあれば気軽に取り組めることが、副業として人気の理由なのかもしれません。

エンジニアなどの専門知識を要する職業よりも、比較的に始めやすい点も人気なのでしょう。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容は、クライアントから依頼された特定のテーマで記事を執筆することです。

ひがし
クライアントとは、記事の執筆を依頼する「お客さん」のことですね。

Webライターとして活動すると、一般企業から個人までさまざまな業種のクライアントから仕事の依頼を受けられます。

依頼を受けたら記事を執筆して、クライアントへ納品後に報酬を獲得。

つまり、仕事の依頼を受けて、記事を書いて納品することがWebライターの仕事です。

実際には、副業やフリーランスがWebライターとして、報酬を得るまでには次のような手順を踏む必要があります。

  1. 仕事を獲得する
  2. クライントと記事内容について話し合う(記事のマニュアルを読み込む)
  3. 記事の内容に書くべきことを調べる
  4. 記事の大枠を記した構成を作成する
  5. 構成をクライアントに見てもらってOKをもらう
  6. 記事を執筆する
  7. 記事が完成したらクライアントに提出する
  8. クライアントから修正を求められたら、記事を修正する
  9. クライアントから記事のOKをもらったら納品完了
  10. 納品完了をしたら報酬を獲得できる(直接契約の場合は、請求書を作成して送る)

さらに仕事内容は、Webライターの種類によって異なります。次に、Webライターの種類について見ていきましょう。

なお、Webライターの仕事の流れを詳しく知りたい場合は、次の記事も参考にしてください。

関連記事:Webライターの始め方を9ステップで解説|未経験から副業で5万円を稼ぐ条件も公開!

Webライターの種類

ひと口に、Webライターと言ってもさまざまな種類があります。ここでは、代表的なWebライターについてご紹介します。

SEOライター

SEOライターとは、Google検索やYahoo検索をしたときに、上位表示されるような記事を書く人です。

仕事はクラウドソーシングで募集されていることも多く、初心者でも取り掛かりやすい点が魅力

ひがし

クラウドソーシングとは、ライターの仕事を仲介してくれるサイトです。

クライドソーシングについては、次の記事を参考にしてください。

関連記事:クラウドソーシングでWebライターは稼げる?約100万円を稼いだ経験からコツを解説!

SEOライターには、クライアントが指定した特定のキーワードで、上位表示されるような記事を書く力が求められます。

そのため、記事の読者が分かりやすい文章を書ける能力だけではなく、キーワードで検索した人が知りたい情報を分析できる技術も必要です。

一見すると難しそうなのですが、初心者でも書きやすいようにマニュアルを準備してくれる優しい企業もあります。報酬はピンキリで、安い仕事から高い仕事までさまざまです。

ひがし
筆者の場合は、現在のところ文字単価3円~6円程度で仕事の依頼を受けています。

セールスライター

セールスライターは、物を売るための文章を書く人で、セールスライティングの技術が必要です。

セールスライティングとは、文章を読む人に商品やサービスを「買いたい!」と思ってもらえるような文章の書き方です。

優秀なセールスライターは、企業の売上に直接貢献できるため、記事を納品した際の報酬も高額になる傾向にあります。

ひがし

高単価ですが、初心者にとっては難易度が高い印象です。

コピーライター

コピーライターとは、広告の文案を作成する人です。

セールスライティングと混同されがちですが、コピーライティングは全く異なる文章の書き方。

セールスライティングが読者に物を買ってもらうことが目的です。それに対し、コピーライティングは読者の印象に残るような文章を書くことが重要です。

有名なコピーライティングには「お、値段以上。〇トリ」や「ココロも満タンに、コ〇モ石油」などがあります。

クライアントと共にコンセプトを作り上げ、それをメッセージとして表現することも仕事内容に含まれます。

取材ライター

取材ライターとは、取材の対象者にインタビューを行い、その人の想いや価値観、伝えたいことを記事にまとめる仕事をする人です。

文章を書く技術だけではなく、相手から必要な情報をうまく聞き出す能力や、会話を文章として表現する能力が必要です。

ひがし
最近では、Webカメラを利用してインタビューをする形式もあります。

YouTubeシナリオライター

Webライターが受けることの多い案件は、YouTubeで流れるアニメや漫画のシナリオライターです。

今後はYouTubeに需要はますます高まるといわれており、将来的に伸びる分野なのかもしれません。

報酬はSEOライターと同様にピンキリで、高い仕事から安い仕事まである印象です。

仕事内容は、クライアントに渡されたテーマについて調べて、どのようなシナリオにするのかを決めます。

自分でシナリオを考える必要があるため、話を創作する力が必要でしょう。

ひがし

いろいろと説明しましが、筆者が受ける依頼は99%がSEOライティングです。

一つの分野を極めるだけでも十分に生活するだけの収益を得られますよ。

Webライターの始め方

Webライターに取り組む人は、まずは副業から初めて、収入が伸びたら専業のフリーランスになる場合もあるようです。

ここでは、Webライターの始め方を4つご紹介します。

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングに登録するWebライターの始め方は、最も簡単な方法です。

またWebライターの中には、クラウドソーシングを利用する人の多いのです。

Webライター勉強会コミュニティ「SP-ACE」を運営する株式会社realwaveが62人のWebライターを対象に調査を行いました。

それによると、Webライターの82.3%がクラウドソーシングを利用していることがわかりました。

クライドソーシングを利用している?

参考:「Webライターのトリセツ|株式会社realwave」をもとに作図

さらに、クラウドソーシングを利用する理由として最も多かったのは「仕事を手軽に得られるから」でした。

ひがし
たしかに、請求書を出す手間もないので、手軽にはじめられます。

よく利用されるクラウドソーシングは「クラウドワークス」か「ランサーズ」です。

「クラウドワークス」か「ランサーズ」について詳しく知りたい人は、次の記事も参考にしてください。

関連記事:初心者のランサーズ副業|月5万までの期間は?稼げない理由から分かったコツも解説

関連記事:【経験談】クラウドワークスは初心者でも稼げる?提案文やポートフォリオの書き方を解説!

Webライターを募集している企業にメールを送る

Webライターを募集している企業にメールを送ると、仕事を獲得できる可能性があります。

たとえば、「Webライター 募集」と検索すると、企業がWebライターを募集しているページを見つけられます。

Webライターを募集している企業を見つけたら、その企業にWebライターとして仕事をしたい旨をメールで伝えてください。

多くの場合、テストライティングに合格したら、記事を書かせてもらえるようになります。

合格したら、こんな感じで返事がきますよ。

直接案件の返信

ツイッターでWebライターの仕事を獲得する

ツイッターを使ってWebライターの仕事を獲得する方法は次のとおり。

  • 「Webライター募集」で検索して、Webライター募集の投稿を見つける
  • Webライターの仕事依頼を受け付けていることをツイッターでつぶやく
  • 固定ツイートに仕事依頼を受け付けていることを掲載する

以上を実践すると、企業や個人などから仕事の依頼を受ける場合もあります。

ブログをはじめてみる

ブログをはじめて、そこから仕事を獲得する手段もあります。

ブログで文章を書くと、ポートフォリオとしても活用できるため、Webライターとして活動する場合は個人ブログを持っておくのもおすすめです。

ひがし
ポートフォリオとは、クライアントに参考にしてもらうための記事のことです。

とはいえ実は、ブログから仕事を獲得するためにはブログを育てて、企業担当者の目に留まるようになる必要がありまさう。

SEOに関する深い知識が必要で、難易度の高い仕事の獲得法といえます。

しかし、ポートフォリオとしての使い道があるのは大変魅力です。

クラウドソーシングで仕事を獲得する場合、他のライターとの競争になるのですが、ポートフォリオの存在は競争を勝ち抜くための武器となります。

たとえば、クラウドソーシングで仕事に応募するときに、ブログ記事を提示するとクライアントからも採用されやすいのです。

はじめはポートフォリオを作るつもりで、ブログをはじめてみてはいかがでしょうか。

筆者はエックスサーバーで簡単にブログを解説しました。

レンタルサーバー エックスサーバー

Webライターをはじめてみよう

Webライターとは、インターネット上に掲載される文章を書く人のことです。資格が必要ないため、パソコンが1台あれば、副業として誰にでも始められます。

Webライターには複数のタイプがあるため、自分に合った仕事をすると良いでしょう。

どれが良いのか迷ったら、まずは案件数の多いSEOライターを目指してみることをおすすめします。

仕事を始める場合は、クラウドソーシングに登録したり、Webライターを募集している企業に応募したりする方法があります。

はじめは、なかなか仕事を獲得できないこともありますが、応募文の書き方などを工夫して仕事の獲得につなげてみてください。

その際に、個人ブログを開設して、そこにポートフォリオに使う記事を作成してみるのもおすすめです。

Webライターを始めたい場合は、次の記事もチェックしてみてください!