骨盤矯正クッションの効果は?デスクワークは楽になる?おすすめを紹介!

長時間のデスクワークのサポートとして、骨盤矯正クッションはおすすめです。

さまざまなタイプがありますが、どのようなクッションに効果があるのでしょうか?

今回は、鍼灸整体師で健康系Webライターのヒガシが、骨盤矯正クッションを使ってみたのでレビューします。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

ひがし

柔道整復師と鍼灸師の資格を持つヒガシです。臨床歴は約10年。

おすすめの骨盤矯正クッションは座布団型です。

実際に使った感想をお伝えしますので、ぜひチェックしてください!

おすすめの骨盤矯正クッションとは

筆者がおすすめする骨盤矯正クッションは座布団型。

座布団型の骨盤矯正クッションがおすすめ

座布団型は骨盤が過度に固定されることもなく、比較的にリーズナブルでデスクワークの際に使いやすいクッションです。

素材も柔らかいので、座面が硬くてお尻がいたくなる人にもおすすめです。

骨盤矯正クッションの効果

座布団型の骨盤矯正クッションの効果は次のとおり。

  • 適度な厚みで柔らかく固い座面でも、お尻が痛くならない
  • 骨盤を立てるようにサポートするため正しい姿勢で仕事をしやすい
  • 正しい姿勢で仕事をできるため腰痛や肩こりの予防が期待できる

長時間のデスクワーク時に、骨盤を正しい位置にキープしてくれる骨盤矯正クッション。

座布団タイプの骨盤矯正クッションは柔らかいため、お尻が痛くならない点も魅力です。

正しい姿勢で、腰痛や肩こりの予防も期待できますので、有効活用するとデスクワークも効率化するのではないでしょうか。

ひがし

筆者はライターでデスクワーク中心なので、重宝しています。

次に、座り方を見ていきましょう。

デスクワーク中の骨盤矯正クッションの座り方

デスクワーク中に骨盤矯正クッションを使う場合は、次の点に注意して座りましょう。

  • クッションの高い側を後ろにする
  • 骨盤を立てることを意識する
  • 椅子の高さを低めに設定する

それぞれについて解説します。

クッションの高い側を後ろにする

座布団型の骨盤矯正クッションは、上の写真で見るようにクッションに勾配があります。

高い側を椅子の後方へ、低い側を椅子の前面にして座るようにしましょう。

骨盤矯正クッションに座った様子

骨盤矯正クッションが骨盤を後方から支えるため、骨盤を立てて座りやすくなります。

その結果、腰や背中を伸ばした状態で座れるため、腰や背中への負担を軽減できるのです。

骨盤を立てることを意識する

骨盤矯正クッションに座るときは、骨盤を立てることを意識しましょう。

クッションは柔らかいため、骨盤を立てることをサポートすることしかできません。

完全にクッションに頼ってしまうと、クッションの後面が潰れて背中が丸くなってしまうのです。

そのため、自分でも骨盤を立てることを意識して座ると、正しい姿勢を楽に取ることができます。

椅子の高さを低めに設定する

骨盤矯正クッションで高さが変わる

骨盤矯正クッションを椅子に敷くと、目線が2~3cmほど高くなります。

そのため、椅子の高さを低めに設定して使用しましょう。

目線の高さが上がると、デスクワークでパソコンを見る際に首を曲げたり猫背になったりして、姿勢が悪くなります。

椅子に座布団を敷いた後に、座面の高さを調整してパソコン画面がなるべく目線と水平になるように調整してみてください。

骨盤矯正クッションのデメリット

骨盤矯正クッションのデメリットは、骨盤を立てる筋力が低下する可能性があることです。

ここでは、筋力が低下する理由と筋肉の鍛え方を解説します。

骨盤を立てる筋力が低下する理由

骨盤を立てるときは腸腰筋と呼ばれる筋肉を使います。

骨盤矯正クッションで骨盤をサポートすると、腸腰筋が弱ってしまう可能性があります。

ひがし

あくまでも筆者の考えで、実際に腸腰筋が弱ったとするエビデンスがあるわけではありません。

ちなみに腸腰筋は、下記のイラストにある筋肉です。

腸腰筋のイラスト

理屈の上では骨盤矯正クッションを使うことで、腸腰筋の働きをサポートするため、筋力が衰える可能性があります。

しかしデスクワーカーが運動をしないと、骨盤矯正クッションの有無にかかわらず腸腰筋は衰えやすいのです。

そのため、日ごろからトレーニングしておくことをオススメします。

骨盤を立てる筋肉の鍛え方

骨盤を立てる「腸腰筋」は骨盤を立てる役割があるのと同時に、太ももを引き上げる役割もあります。

そのため、太ももを90度以上に引き上げるような運動をすると鍛えることが可能です。

ここでは座って鍛える方法と、立って鍛える方法をお伝えします。

座って鍛える場合

座って腸腰筋を鍛える方法

  1. 椅子に座った状態で、手のひらを膝の上に置く
  2. 足を持ち上げながら、手のひらで膝を下に押す

立って鍛える場合

立って腸腰筋を鍛える方法

  1. 両足を肩幅くらいにして立つ
  2. 片方の足を持ち上げなげる
  3. 足を持ち上げるのと同時に対側の膝と肘が付く方向に身体を倒す

次に筆者が使用した骨盤矯正クッションを紹介します。

骨盤矯正クッション「IKSTAR」のレビュー

ここでは、低反発の骨盤矯正クッション「IKSTAR」をレビューします。

もし購入を検討している場合は、一例として参考にしてください。

けっこう柔らかい

クッション自体は柔らかく、フカフカです。

IKSTAR骨盤矯正クッションの柔らかさ

簡単に折り曲げられます。

クッションを半分にしてコンパクトな状態で持ち運ぶことも可能です。

IKSTAR骨盤矯正クッションは半分に折り曲がる

裏側には滑り止め

クッションの裏側には滑り止めがついているため、椅子からズレにくいです。

IKSTAR骨盤矯正クッションの裏側には滑り止め

カバーは洗濯できる

カバーは取り外せるため、選択をできます。

IKSTAR骨盤矯正クッションは洗濯可能

お尻へのあたりが柔らかくなり座り心地はよい

IKSTAR骨盤矯正クッションの表面はメッシュ素材

カバーはメッシュ素材でできており、程よい柔らかさでお尻へのあたりも優しいです。

座面が硬くて、お尻が痛い人にとってはおすすめのポイント。

床では使いづらい

クッションを床に敷いて座ると、腰は丸くなってしまいます。

床では骨盤矯正の効果は発揮しづらいようです。

椅子用のクッションとして購入することをおすすめします。

IKSTAR骨盤矯正クッションは床では使いづらい

骨盤矯正クッションを使ってデスクワークを快適にしよう

骨盤矯正クッションを購入する場合は、座布団型のクッションがおすすめです。

骨盤が固定されないため、優しく骨盤が立つようにサポートしてくれます。

今回は筆者が座布団型のクッションをレビューしましたので、購入を検討する際は参考にしてください。

その他にも、座布団型の骨盤矯正クッションはたくさんありますので、アマゾンなどで調べてみてくださいな。

アマゾンで座布団型の骨盤矯正クッションを検索する

\Webライターになって稼ぎませんか?/

【無料講座】Webライターの始め方